オススメ記事
Claunch

オクダヒロキ
リツアンSTCでプログラマをやっている、オクダヒロキです。

「PCのソフト起動を効率的に行いたいけど何か良い方法無いの?」

PCで作業を行っていると、数多くのソフトウェアを起動したり終了したりします。そのうち起動に関しては標準の操作では結構時間がかかってしまうもの。なので、手っ取り早い対策としてデスクトップにショートカットを置いている人が多いと思います。

でも、PCで使用するソフトウェアは無限に増えていきます。特にSEやプログラマをやっている人はインストールしているソフトウェアの数も多く、手間が増える一方です。中にはデスクトップがショートカットがありすぎて、逆によく分からないというのもよく聞く笑い話です。

ではどうすればいいのか?

こんなときに有効なのが、ソフトウェアを起動するためのソフトウェアであるランチャーソフトです。そして、僕のおすすめソフトは「CLaunch」。これを使用すれば、デスクトップが超絶クリーンな状態で数多くのショートカットをさっと呼び出すことが可能です。

ソフトウェアの起動辺りで困っている人はぜひとも読んでみてください。

CLaunchとは?

ランチャーソフトとは、”Launcher”の名の通り、ソフトウェアを起動させるものです。そして僕がおすすめするCLaunchはWindows用のランチャーソフトです。

このCLaunchですが、僕は社会人の新人時代から使用していて、既に12~13年愛用しています。いや、本当に毎日お世話になっています。

最初にリリースされたのは「1999/08/22」です。この記事を書いているのは2019/7/24なので、あと1ヶ月足らずで20年になるわけですね。これは本当にすごいことです。

CLaunchの使用方法

使用方法といっても全然難しいことはありませんが、いくつか記述しておきます。まずはCLaunchを公式サイトからダウンロードしてインストールしてください。(インストール方法は割愛)

公式サイトはこちら▼

インストールが完了したら以下の作業を行います。

インストール完了後の作業

  • デザインを設定する
  • アイテムを登録する

 

デザインを設定する

インストール後はさっそくアイテム登録といきたいところですが、先にCLaunch自体の見た目をカスタマイズすることをおすすめします。というのも、表示のされ方がだいぶ変更されるので、アイテムの位置を変えたくなるからですね。

デフォルトでは下記のように正方形のアイコンが表示されるデザインになっています。

ただ、これだとアイコンで判別できなくて困る時があります。そのため、僕は文字を多く表示させるようにします。設定は以下の通りです。

こんな感じで表示されますよ。

アイテムを登録する

CLaunchを起動すると、アイコンが並ぶ小さめのウィンドウが表示されます。ウィンドウを右クリックすると「アイテム登録」ができるので、そちらを押してフォルダなりファイルを選べば登録できます。

これは直感的にできると思います。自分が頻繁に使用するものはバシバシ登録しておきましょう。ソフトウェアだけでなく、任意のフォルダやファイルを指定することも可能です。フォルダを追加するときは、下記のように直接パスを入力してOKすれば素早く登録できます。

CLaunchを使用する3つのメリット

ここからはCLaunchのメリットを紹介していきます。

メリット1:自分の好きなクリック動作でウィンドウを表示可能

CLaunchのウィンドウを表示させるには、標準では画面右下の角にカーソルを移動させる方法とデスクトップのダブルクリックです。ただ、使用方法にも書いた通り、オプションから表示方法を拡張させることが可能です。

僕の場合、デスクトップを長押し操作で表示させるように変更にしています。元々はデスクトップをダブルクリックで良かったものの、デスクトップのアイコンのダブルクリックとバッティングして、アイコンへのクリック操作が効かなくなったんですよね。

Windows8.1まではそんなことなかったと記憶していますが、Surfaceを使い出してから上記のような現象が発生しました。OSのせいなのか、Surfaceのせいなのか、マウスの相性のせいかは分からず。まあ、長押しでも慣れれば素早く表示可能ですよ。

メリット2:特殊フォルダや特殊アイテムがランチャーに登録可能

エクスプローラーでは作成しにくいショートカットを簡単に登録することができます。

特殊フォルダとはデスクトップやマイドキュメントなどのフォルダが該当します。特殊フォルダでアイテムの登録ができるのは以下の通り。

一方、特殊ファイルとはシャットダウンやデバイスマネージャーなどのファイルが該当します。特殊ファイルでアイテムの登録ができるのは以下の通り。

メリット3:ソフト起動以外にも便利な操作が可能

アイテム上で右クリックすると様々な操作が可能です。特に僕が使用するのは「親フォルダを開く」。

一瞬でアイテムが格納されているフォルダを起動することができます。すごく便利。

exeファイルの周辺にインストールされる設定ファイルなんかを確認したいときも使えますよ。

最後に:CLaunchはWindowsでもっとも使えるランチャー(当社比)

Windowsで愛用しているランチャーである、CLaunchについて説明しました。

SEやプログラマはファイルの起動、フォルダの表示、ソフトの起動を何度も行います。いちいちスタートメニューを表示させたり、ファイルのあるフォルダまで辿ってなどを繰り返していると、とてつもなくストレスが溜まります

こういった非生産的な操作でストレスを感じないよう、頻繁に使用するものはランチャーにさっさと登録しておきましょう。操作が何倍にも速くなって、本来やるべきことに時間を割くことができますよ。

CLaunchはシンプルで非常に便利なソフトウェアで、僕自身は最高のランチャーだと思っています。もし良いものが見つからなかったら、一度試してみてはいかが?

 

ダウンロードはこちらから▼

挫折させないRuby動画講座「Skill Hacks」

プログラミングを独学で習得する際に障壁となるのが、「環境構築」と「質問できない環境」です。予備知識もなくプログラミング言語を学習すると、この2つで9割近くの人が挫折します。

その点、プログラミングの動画講座「Skill Hacks」はこの問題点を解消。

Skill Hacksの特徴
  • AWSを使用して環境構築は一瞬で完了
  • LINE@で質問し放題

また、本講座で使用するRubyは未経験者でも比較的覚えやすく、日本語のドキュメントも充実しているプログラミング言語です。エンジニアとして働く前に一度講座を受けてみては?

「Skill Hacks」への申し込みは下記からどうぞ▼

Skill Hacks

おすすめの記事