オススメ記事
IntelliJ ショートカット

オクダヒロキ
リツアンSTCでプログラマをやっている、オクダヒロキです。

プログラミングをする上で、効率的な作業を実現するために自分が使いやすいIDEを使用すると思います。

僕は主にJavaの開発を実施していて以前はEclipseを愛用していましたが、現在はIntelliJに乗り換えました。当初は不慣れで使いづらさもありましたが、今では手放せないものとなっています。

で、そのIntelliJについて、さらに使いやすくするためのカスタマイズの仕方を掲載します。

自分用にカスタマイズしている人にはあまりヒントにならないかもしれませんが、僕の周辺ではデフォルトのままで操作に時間をかけてしまう人も意外と多いです。また、自分では思いつかない方法に気付くこともあると思うので、今回の記事をぜひ参考にしてもらえたらと思います。

IntelliJとは?

まずはIntelliJについて簡単に説明しておきます。

IntteliJとは、JetBrains社が提供するJavaのIDE(統合開発環境)です。JavaではオープンソースのEclipseが長年使われていてデファクトスタンダードの位置にありましたが、そのEclipseと同等もしくは既にその牙城を崩したとも言われている非常に人気のあるソフトウェアです。

IntelliJにはCommunity版(無料)とPro版(有料)があります。Community版でも十分な機能を備えているので、今Eclipseを使用している人も一度試してもらえたらと思っています。

ちなみに、PHP最強のIDEといわれるPHP StormもJetBrains社の製品ですよ。

カスタマイズする上での前提条件

今回の記事の前提となりますが、僕はEclipseのキーマップをベースにして、そこからカスタマイズを加えています。理由は単純にキーマップを統一したいからです。

というのも、現在JavaのIDEの中心がEclipseからIntelliJに移行している過渡期です。仮に現場を変えたとき、Eclipseしか使えない環境になるかもしれず、操作性が異なるIDEに慣れる時間がもったいないんですよね。

なので、デフォルトのキーマップならそもそも問題にすらなっていないものもあるかもしれませんが、そこはご了承頂ければと思います。

というわけで、先にベースの設定を複製しておきます。

1ファイル⇒設定

2左:キーマップを選択 中:Eclipseを選択 右:複製

IntelliJのショートカットのカスタマイズ

それでは本題のショートカットのカスタマイズです。今回設定するショートカットは以下の5つです。

設定するショートカット
  • エクスプローラーで表示:「Ctrl+Shift+Q」
  • 名前変更:F2
  • ブランチ:「Ctrl+-」
  • フェッチ:「Ctrl+^」
  • プル:「Ctrl+\」

エクスプローラーで表示:「Ctrl+Shift+Q」

現在フォーカスが当たっているファイル、もしくはフォルダの親フォルダをエクスプローラーで開きます。元の操作は、左のプロジェクトで右クリック→エクスプローラーで表示。

ファイル操作は基本的にIntelliJからも操作可能なので、使用頻度は低めかもしれませんが、設定しておくと非常に便利になります。ショートカットはどれを設定しても良いのですが、今回は「Ctrl+Shift+Q」に設定しました。

一つ目なので、登録方法も記述しておきます。

1ファイル⇒設定

2キーマップ⇒”エクスプローラー”で検索

3該当するコマンドにて右クリック⇒キーボードショートカットの追加

4ショートカットを入力⇒OK

これで「Ctrl+Shift+Q」に「エクスプローラーで表示」が割り当てられました。その他のショートカットも同様の方法で変更可能です。

名前変更:F2

クラス名やファイル名を変更した上で、プロジェクト全体をリファクタリングします。元の操作は「リファクタリング⇒名前変更」です。

単なる名前変更ではなく、自動で全ファイルを変更してくれる優れものです。特に開発中は結構頻繁に使うものなので、さくっと操作ができる状態になっておくようにしておきます。僕はエクスプローラーと同じ感覚にしたいため、「F2」に割り当てました。

ブランチ:「Ctrl+-」

gitのブランチの確認、切り替えなど、ブランチに関する様々な操作を行うために使います。元の操作は「VCS⇒Git⇒ブランチ」。

見ての通り、面倒な操作なのでショートカットに登録しておきましょう。僕は「Ctrl+-」に割り当てました。これでブランチ操作はお手のもの。改修作業も捗りますよ。

フェッチ:「Ctrl+^」

「git fetch」コマンドを実行するための操作です。元の操作は「VCS⇒Git⇒フェッチ」です。

IntelliJでは、IDE上でプルの操作を行ったとしても、参照するリモートブランチが最新の状態でないときがあって、これは1回フェッチを行うことで解消されます。フェッチ⇒プルというのは一連の流れで使用することになります。もちろん、チェックアウト前にも実行しておきましょう。

プル:「Ctrl+\」

「git pull」コマンドを実行するための操作です。元の操作は「VCS⇒Git⇒プル」です。

プルを使う場面もやや限られますが、開発の初期段階でコンフリクトが頻繁に起きるときは、敢えてブランチを作成せずに作業を進めていく方が良いときもあります。この場合、ローカルのソースをスタッシュやシェルブで退避させて、フェッチ⇒プルを頻繁に使うことになります。

別名でチェックアウトする方法でも問題ありませんが、IntelliJではプルの方がさっと実行できて速度向上に繋がります。

最後に:IntelliJも自分好みにカスタマイズしよう

IntelliJのショートカットのカスタマイズに焦点を合わせた紹介しました。いかがでしょうか。

今回はgitに関連する操作が多くて、git使っていないと恩恵は少ないかもしれませんが、効率化のヒントになると思います。

IDEに限らず、ソフトウェアはあらかじめ効率的になっていることは稀です。従ってキーマップの変更を行うことは非常に重要。一つ一つは小さい操作でもそれを何回も実行するとなれば、極力短くしておくべきです。

とはいえ全てをショートカットに登録することはできないので、自分が頻繁に使う機能、そしてやたらとストレスを感じる操作に絞って積極的にショートカットを登録していきましょう。

ショートカットの登録は1分でできます。1分をけちってそれ以上の損をしないように!

おすすめの記事