自分らしい働き方 – 仕事全体をデザインする

[エンジニア] オピニオン

会社員のみなさん、今あなたの会社が勤務場所どこでもいいよと言ってきたらどうしますか?

 

自宅? カフェ? 変わらず会社?

僕は誘惑に流されやすいので、今まで通り会社のオフィスの方が集中できて良いかなと思ったりもします。

 

なぜ、こんな話をしたかというと、とあるサイトで、「仕事全体をデザインする」ことの考え方について書かれた記事があったので、今回はこれについて書きたいと思います。

 

仕事全体をデザインするとは

簡単に言えば、勤務時間や勤務場所といった仕事における細かい要素を自分自身で決定(デザイン)し、それに沿って動くということです。

 

例えば、今日はAの仕事を〇〇まで進め、Bの仕事を××まで進める・・・

 

仕事をしている多くの人が、自分の仕事をこのような形でデザインしていると思いますが、それだけにとどまらず、出勤時間や退勤時間、さらには勤務場所までを個々で変更し、仕事をしていく様のことです。

出勤時間や退勤時間を多少ずらすのは既にフレックス制度がありますが、時間も場所も選ばずに、自分の裁量でというのが大きなポイントですね。

 

派遣者には適用しにくい

さて、僕たちのような派遣者にも同じようなことができるのかを考えてみました。

 

派遣先の企業がこのような制度を作ったとして、「派遣者も正社員と同じ」と考えてくれる派遣先であれば可能性はありますが、そのハードルは極めて高いといえます。

また、労働時間の管理が難しくなることを考えると、現在主流である時給制度ではなく、成果物で仕事を判断する方式に移行することでしょう。

 

こうなると、派遣という契約にこだわる必要はなく、請負でやってくれる業者へ依頼する流れになりそうな気配がプンプンします。

まあ、確かに現場にいなければ、「派遣」されているとは言えない状態であるわけなので。

 

というわけで、派遣者に適用される可能性があるのは、フレックス制度くらいかなと予想しています。

 

今後の動きは

フリーランサーを含む自営業の人や経営者は、腕に自分で自分の仕事をデザインしている形なので、元々、このような動きは既に存在はしています。

 

ただ、近年の働き方改革の一つの動きとして、企業に勤める一般社員にも適用される気運は高まると思われます。

自分らしい、自分が希望する形での働き方ができて、満足度が高まれば労働者にとっても会社にとっても意義のあることでしょうね。

 

まとめ

仕事全体のデザインという点について考えて、まとめてみました。

 

僕も今の形に囚われず、いい形をデザインして実現できるよう頑張ることが大事なのかなと思います。

そして、日々の仕事に励みつつ、社会の動きに取り残されないように将来を設計していくように努めましょう。

コメント