オススメ記事
まず稼がないと、人生の選択肢が何も増えない件

どうも、フリーランス風の正社員エンジニアをやっている、ひろです。

僕は社会人1年目からエンジニアをやっていて、2020年3月の時点で、エンジニア歴14年近くになります。2017年に一度転職をして、人生が良くなったことをブログでもちょこちょこ書かせてもらっています。

そこで気付いたことが一つあります。

まずは一旦それなりに稼がないと、人生は楽にならないということです。

コツコツ、モクモクと頑張って、いつか誰か認めてくれるなんて考えでいると、人生における選択肢は増えるどころか減る一方です。

というのも、僕は11年前職でコツコツと頑張っていましたが、頑張りはある程度認められたものの、どんどん生きづらくなっていたからです。

というわけで、今回は「まずは一旦稼ぎましょう」という話を深堀りしていきます。

まずは稼がないといけない理由

ここで言う稼ぐとは、家族構成によって異なりますが、年収500万円ほどを想定しています。エンジニア界隈ではそれほど大きい金額ではありませんが、一般社会の年収430万円と比較すると、まあまあ上といえる金額です。

そして、稼がないといけないと考えるのは以下の3つが理由です。

自分の時間が作れない

大きな稼ぎがないのは、時間単位の収入が少ないことを表しています。つまり、労働に多くの時間を費やさなければ、まともな収入が得られません。

社会人になりたての頃は、誰しもがっつり稼ぐことはできません。大卒でも初任給は23万円ほど。それなりに残業をしても30万円ほどの収入です。

一人暮らしであれば、これで十分かもしれません。でも、仕事は同じことを繰り返せば良いものではありません。年を経るごとに仕事の難易度は上がるし、責任も大きくなる。

それに加えて、結婚や子供が生まれたなどで家族の増えると、収入の大半を家族に捧げないといけないし、一層時間はなくなります。収入は多少上がると思いますが、実際に必要だと考える金額には到底及びません。

ましてや、中間管理職や管理職に昇進すると、さらに顕著になります。部下のために数多くの仕事をこなさないといけません。増えた仕事の消化、出世のため、生活のためといった点からも長時間労働になりやすく、その会社から抜け出しにくくなる。

ということは、自分の時間が作れず、自分の生活を見直すことができにくくなるのです。

自己投資ができない

先に述べた自分の時間が作れないのにも通じることですが、ある程度の時間と資金がないと、自分への投資もままなりません。

自己投資ができないときに2つの問題があります。

自己投資ができないときの問題点
  • 成長が止まる
  • 無駄な時間が増える

例えば、本を買えない場合を考えてみます。本を買えないことで、本で得られる知識はゼロです。また、本ですぐに得られる情報を、別の方法で取得しないといけません。その情報がすぐに取得できれば良いものの、まとまっていない情報を取得するには大抵時間がかかるでしょう。

無駄な時間が増えることで、更に自己投資が難しくなるという悪循環に陥ります。

心が狭い人間になる

僕が所属するリツアンでは、イケハヤさん、るってぃさんといった、いわゆる普通の会社員ではない人と関わりがあります。また、僕は個人的にやまもとりゅうけんさんに感化されましたが、それもリツアンに入って、ある程度稼げるようになったからと認識しています。

余裕がなければ、今挙げた人は全員嫌いと考えていること間違いなし。なぜなら、イケハヤさんは会社員をディスるし、るってぃさんは働かずに自由に生きて価値観が全然異なる。りゅうけんさんは、稼げない人に対して切れ味鋭い言葉。

つまり、彼らの言う言葉を自分のこととして考えてしまい、大きなダメージを受けちゃうんですよね。だから怒りを覚えて嫌いになると。

でも、今はある程度お金を頂けるようになり、考えを受け入れられる余裕ができました。精神的にも落ち着いた状態でいられることが増えています。

皆さん、心の狭い人間とは付き合いたくないですよね。ということは、稼ぐということは他の人にも好かれやすくもなり、チャンスも増えるということです。

一旦稼ぐ方法とは?

では、一旦稼ぐ方法は何かというと、特に難しいことはなく、以下の2つで実現します。

一旦稼ぐ方法
  • 本業で稼ぐ 
  • 副業で稼ぐ

当たり前の話なんですが、一つ一つ掘り下げていきます。

本業で稼ぐ

本業の仕事の力を上げて、年収を上げるという考えです。一般的な会社員であれば、誰もがこのような考えを持っていると思います。

僕たちのようなエンジニアが本業で稼ぐには、以下の2つが考えられます。

給料が高い会社に転職する

これはエンジニアに限った話ではありませんが、高い給料を支払ってくれる可能性がある、そしてそうなりやすい会社に転職することです。

会社はそれぞれ給料の幅が決まっていて、その幅の平均値の部分に収まってしまいます。ずば抜けた成果を上げれば、それを飛び越えることも可能でしょうが、できるのは一握りの人間です。

なので、僕たちのような普通の人間がそれなりに稼ぐには、普通の人でも給料を多く出してくれる会社を選ぶことが絶対条件。

例えば、僕が所属する会社では、1年目~3年目では客先単価の68%の給料が保証されています。つまり、お客様から月50万円の評価を頂ければ、月収34万円は手にすることができるのです。東京のエンジニアの客先単価は、55万円~70万円くらいで、50万円は決して高い数値ではありません。

単価追従が必ずしも正しいとはいいませんが、高めの給料になりやすいシステムを制定する会社を選ぶのが必要ですね。

単価の良い現場に移る

1つ目にも説明しましたが、僕が所属する会社では、1~3年目は客先単価の68%、4年目以降は平均74%が給料になります。つまり、単価が良ければ給料も良くなります。

なので、僕の会社のメンバーは、単価の高い現場に移ることを虎視眈々と狙っています。半年~数年おきに現場を変えて、給料アップを狙っていくのが当たり前の世界です。

フリーランスエンジニアの制度を会社員風にアレンジした制度ですが、これは非常に良いシステムですね。客先と合意した単価なので、上司の余計な評価が入らないし、納得感が高いものになります。

副業で稼ぐ

本業での収入アップが難しいならば、副業に取り組む必要があります。

近年では副業を容認する会社も増えてきましたが、まだ全面的に許される時代ではありません。かといって、何もしないのは思考停止そのものです。副業を許可しない会社が、会社以上の収入を保証してくれるわけありません。 

副業の選択肢も多種多様です。今の時代であれば、以下が主な候補ですね。

副業の候補
  • ブログ
  • YouTube
  • SNS
  • 動画編集
  • せどり
  • システム開発
  • サイト制作

本業の延長線上にあるものが一番やりやすいので、基本的には本業を軸に選べば良いと思います。

僕の場合はシステム開発、サイト制作が本業の延長になりますが、それは除外してブログを選びました。これは本業が影響を受けにくくするためのリスク回避で、自分のペースでできるものを選択したかったらです。

おかげでブログやWebマーケに対する知識がいくらかは蓄積されているし、月5万円~8万円くらいは稼げるようになりましたよ。

最後に:まず稼ぐ、そして自分のやりたいことに取り組む

人間誰しもやりたいことをやって生きたいものです。そして、本当に飛び抜けた人は、そのやりたいことだけをやって、大きく稼ぎ自由に生きることができます。でも、これを出来るのはほんの一握りの人間です。

では一般人はどうするのかというと、何でもいいからまずは年収500万ほど稼ぐことが重要。もちろん人を騙したり傷つけるのはアウトで、真っ当な方法に限りますが、稼いでしまえばこっちのもんです。

それ以降は選択肢がぐっと増えて、自由度が飛躍的に増していくし、自分のやりたいことに取り組めるようになるもの。というか、ようやくスタートを切れる状態だと考えます。

自分のやりたいことを追求して、結果稼げないのは何も成し遂げられないのに等しいです。

というわけで、まずは自分を多少犠牲にしてでもレベルアップし、一定水準までは収入を上げましょう。お金があれば大抵のことは何とかなりますから

人生を変えるならUdemyで学習

日本は先進国の中でも勉強時間一番が少ない国って知っていますか? 総務省統計局の調査によると、日本の社会人は1日6分しか勉強しません。

従来は終身雇用制度に守られていたので、これでも何とかなりました。でも、その終身雇用も終わりを迎えます。各個人はどこでも通用するスキルを身につけくてはなりません。そして、スキルをつけるには勉強以外の方法はありません。

Udemyはオンラインの学習プラットフォームです。100種類以上、10万以上の講座があるので、延々と学習を続けることができます。

勉強したからといって人生が安泰ではありませんが、勉強をしないと今後を生き抜くことは難しいですよ。何か一つ武器を探しましょう。

おすすめの記事