【まとめ】フリーランスエンジニアのエージェントはどれを選ぶべきか

「フリーランスエンジニが仕事を安定的に獲得するには?」という悩みはつきものです。昔であれば自分で営業をこなすこともすごく必要だったと思いますが、現代社会では非常に良いサービスが存在します。

 

既に皆さんも気付いているでしょうが、フリーランスエージェントに案件獲得を依頼することです。ただ、これだけでは「どのエージェントがいいの?」という悩みが残ります。

 

そもそもエージェントは複数に登録しておくのが基本です。特別な何かが無い限り一つに絞ることはやめておいた方が良いのです。かといって片っ端から登録すると悪いエージェントに引っかかってしまって、ロクでもない案件に放り込まれることもなきにしもあらず。

 

というわけで、今回はこの問題を解消すべく、どのフリーランスエンジニアのエージェントをどんな基準で選択していけば良いかをまとめてみました。この記事を読めば、どんなエージェントが存在し、自分はどのエージェントを選べば最適かが分かります。

 

既にフリーランスエンジニアとして生計を立てていく人はもちろん、会社員から転身を考えている人も是非チェックしてみてください。

 

おすすめのフリーランスエージェント

ここからはおすすめのエージェントとその理由を説明していきます。

 

もはや基本のレバテックフリーランス

IT業界かつフリーランスエンジニアに関係する人でレバテックフリーランスを知らない人は、もはやモグリと言ってもおかしくないくらい、大手で有名なエージェントです。

 

Web系の案件とベンチャーの案件に強いこと、直請け案件による高単価の案件が多いことで知られています。登録者も10万人を突破しており圧倒的な数を誇っています。

 

近年は地方(現在は大阪、名古屋、福岡)にも拠点を持ち始めているので、地方のエンジニアにとっても基本のエージェントになりつつありますね。真っ先に登録しておくべきエージェントです。

 

レバテックフリーランスを知りたい方はこちらへ▼

 

フリーランス初心者におすすめはMidWorks

MidWorksはフリーランスエンジニアのなりたての時期に特におすすめです。なぜなら、給料保障制度をはじめとする保障が会社員並みに手厚いから。

 

フリーランスに限らずですが、誰しも最初は環境の変化にとまどいます。そんなとき、今までは簡単にこなせていたものを上手くできなくなる可能性があります。多少のミスで仕事を失うことはそう無いけれど、最初の内は慎重姿勢でリスクに備えておく方が無難でしょう。

 

MidWorksを知りたい方はこちらへ▼

 

保障も充実させながら高単価も狙うならギークスジョブ

保障も充実させながら高単価も狙えるのがギークスジョブです。こちらも大手で有名なエージェントですね。

 

特徴的なのは「フリノベ」と呼ばれるフリーランス向けの福利厚生プログラムで、30以上のサービスの特典を受けることが可能。特に健康診断の割引が結構多いので、軽視しがちな健康面の管理に注意が向くものです。若手からベテランまで幅広く利用できるエージェントです。

 

ギークスジョブを知りたい方はこちらへ▼

 

最後に:エージェントに登録して効率的に案件を獲得しよう

近年はフリーランスエンジニアのエージェントを活用するのは当たり前の時代に突入しました。

 

エージェントを使うメリットは、営業はアウトソーシングして、自分の仕事や自由な時間を圧倒的に増やしていくことができる点です。自分で営業もできる人はもちろん使わなくてもいいですが、エージェントを使う特典は営業だけにあらず。

 

先に紹介した給料保障であったり、セミナーに無料参加であったり、キャリアアップ相談であったり。特にキャリアアップの相談はありがたいのでは。会社の上司はそんな相談になかなか乗ってくれませんよw

 

自分の状況に合ったエージェントを見つけ、使い倒していくのが吉かと。