オススメ記事
【Java】EclipseでStruts1.3の開発をするための環境構築手順

2020年4月から現場が変わることになりましたが、そこの案件がStrutsという話です。しかもバージョンが 2.x系 ではなく 1.3 ということで、勉強しないといけないと感じたところです。

世間では、JavaといえばSpring bootが主流になっていますが、Strutsもまだまだ現役。ということで、今回は「Strutsフレームワーク(ver 1.3)+Eclipseで開発を始めるための手順」をまとめていきます。

前提条件

  • 使用PCはWindows
  • Java1.5以上がインストール済み
    ⇒Oracle JDKでもOpen JDKでも何でも良いので、インストールしてください。
  • Git for Windowsがインストール済み

事前準備

必要なソフトウェアをインストールしていきます。

Tomcatのインストール

1ダウンロード

Tomcatを以下からダウンロードします。(※2020年3月現在、最新の安定版は9.0.33)

Core の「64-bit Windows zip」を選択。

2任意のフォルダに解凍

ダウンロードしたファイルを解凍します。今回は以下に配置しました。

C:\public\tool\apache-tomcat-9.0.33

○フォルダ構成(第一階層のみ)

C:\public\tool\apache-tomcat-9.0.33
├─bin
├─conf
├─lib
├─logs
├─temp
├─webapps
└─work

 

mavenのインストール

1ダウンロード

mavenを以下からダウンロードします。(※2020年3月現在、最新の安定版は9.0.33)

「apache-maven-3.6.3-bin.zip」を選択。

2任意のフォルダに解凍

ダウンロードしたファイルを解凍します。今回は以下に配置しました。

C:\public\tool\apache-maven-3.6.3

○フォルダ構成(第一階層のみ)

C:\public\tool\apache-maven-3.6.3>tree
├─bin
├─boot
├─conf
└─lib

 

3PATHを追加設定

今回はターミナルにGit Bashを使用するので、Git BashにPATHを設定します。

○C:\Program Files\Git\etc\bash.bashrc

# System-wide bashrc file
### add start
if [ -f ~/.bashrc_profile ]; then
. ~/.bashrc_profile
fi
### add end

 

○C:\Users\[user]\.bashrc_profile

export PATH=$PATH:/c/public/tool/apache-maven-3.6.3/bin

 

Eclipseのインストール

1ダウンロード

Eclipseを以下からダウンロードしてください。

2Subclipseのインストール

Eclipseマーケットプレースより以下をインストール

  • Subclipse 4.3.0

 

Eclipse Java Enterprise Developer Tools 3.17 はデフォルトの状態でインストール

プロジェクトの作成

struts-archetype-blankのインストール

1struts-archetype-blankのチェックアウト

ファイル→新規→その他→SVNからプロジェクトをチェックアウト

新規リポジトリー・ロケーションを生成

リポジトリ:http://svn.apache.org/repos/asf/struts/maven/trunk/struts-archetype-blank

2mvnにてインストールする
cd C:\Users\msg_h\git\struts-sample\struts-archetype-blank
mvn install

 

新規プロジェクトの作成

新規にプロジェクトを作成する。

ファイル→新規→Java

アーキタイプの追加

以下を入力する。

項目
アーキタイプ・グループID org.apache.struts
アーキタイプ・アーティファクトID struts-archetype-blank
アーキタイプ・バージョン 1.3.5-SNAPSHOT
リポジトリーurl http://svn.apache.org/repos/asf/struts/maven/trunk/struts-archetype-blank/

追加された「struts-archetype-blank」を選択する。

以下を入力する。

項目
グループID my.struts
アーティファクトID struts13-app
バージョン 0.0.1-SNAPSHOT
パッケージ my.struts.struts13_app (自動入力)

これでベースを作成することができました。

 

gitリポジトリ

今回作成したソースを以下のリポジトリにコミットしています。

参考

RaiseTech(レイズテック)でJavaとAWSを習得しよう【未経験者もOK】

IT業界で一番よく使われるプログラミング言語はJavaです。型付き言語として不具合を生みにくい仕様なので、多くの企業で採用されています。

そしてもう一つ、一番よく使われるインフラはAWSです。もはやインフラの定番といってもいいでしょう。

ただ、この2つを学習するにはどうすればいいのか? これは経験者でも非常によく悩む問題です。

そんな中、この悩みを同時に解決できる講座が生まれました。その名も「RaiseTech(レイズテック)」です。

未経験者でも学習できる内容に特化し、最速でエンジニアになれるための講座を用意しています。また、講師は現役エンジニアのみが務め、質の高い教育を提供します。

詳細はこちらから▼

おすすめの記事