オススメ記事
movie hacks

今や子どもの憧れの職業と言われるのが「YouTuber」。

エンタメの領域では非常に高い認知度であり、若い人は特に、テレビは見ないけどYouTubeは見るという人が結構多いかと思います。そして、YouTuberはタレント並み、いや一部の人にとってはタレント以上に稼げる職業として台頭してきました。

そういった時代の流れが背景としてあり、本業でも副業でもYouTubeを開始する人が急激に増加しています。僕もいずれはYouTubeをやりたいなと思っているところではありますが、ぶっちゃけ動画に関してはドがつくほどの素人です。

もちろん、カメラで撮影くらいはできますよ。でも、その後「どうすんのよ?」って感じ。つまりは編集ができないんです。

でも、そんな僕にぴったりな講座が出現しました。それが今回紹介する「Movie Hacks」です。これから自分で動画編集して、YouTubeを始めてみようと考えている人は、これで手っ取り早くスキルを習得しておいた方がいいでしょう。

早速購入する方はこちらから▼

Movie Hacksとは動画編集の講座

「Movie Hacks」とは簡単に言えば、初心者のための動画編集講座です。2019年2月現在、44本の本編動画と2本のおまけ動画で構成されています。動画で学べるスキルは以下の通りです。

Movie Hacksで学べるスキル
  • カット
  • テロップ
  • 画像挿入
  • SE・BGM
  • 色調補正
  • サムネイル(Photoshopを使用)
  • アニメーション(After Effectsを使用)
  • キネポ
  • モザイク(おまけ)

使用するソフトは「Adobe Creative Cloud(Adobe CC)」で、WindowsもしくはMacでの使用を想定しています。

動画の長さはまちまちではあるものの、1本は大体10分~15分くらいです。なかなかの数がありますが、動画編集はやっていることがすぐに結果が出るので、結構サクサクと進んでいきますよ。

基本的にはツールをどう使っていくかに集約されていく内容ですので。

Movie Hacksの講師と作者は?

動画の講師は、「生ハム帝国」こと福島寛人さんです。

僕がよく知る、やまもとりゅうけんさんを始め、有名なYouTuberの動画編集をいくつか手がけています。大学生時代(2018年頃)の時点で、動画編集のフリーランサーとして活躍し、月収32万円に到達していました。

それだけではとどまらず、2019年9月時には月の収益が600万円を叩き出しています。

常にこの金額というわけではないですが、この1年でとてつもない伸び。一人で編集してこれだけ稼いでいるわけではなく、動作講座+動画編集チームのディクレターとして稼いでいるということは認識しておいてください。

また、主張する編集者という立ち位置を築いてきていて、ネット内でも存在感がどんどん増しています。編集者でありながらYouTubeもやっていますね。

そして、「○○ Hacks」といえば? そう・・・「Skill Hacks」や「Blog Hacks」でおなじみの、迫 祐樹さんです。

今回のMovie Hacksは、コンテンツは生ハム帝国さんが基本的につくっており、迫さんはその管理者であり、プロモータを担当しています。なので、迫さんの実績を知っている方には、コレ以上にない安心材料といえるでしょう。

学習してみた感想

僕自身、こういった動画編集の講座を受けたのが初めてです。なので、他の講座との比較はできないということを踏まえて判断してもらえたらと思います。

講座の感想は以下の通り。

講座の感想
  • 聞き取りやすい
  • 1本あたり10分~15分で長さも適切
  • 講師が動画講座慣れをしているわけではない(やや、たどたどしい部分あり)
  • 動画の中で動画を流す箇所で一部聞こえにくい箇所あり

初心者者向けということもあり、超ド素人の僕にもすごく分かりやすく解説されていました。

動画編集は覚えることは確かに多いですが、プログラミングなどよりは遥かに敷居が低く、やればすぐに結果が見えます。これはモチベーションの維持には非常に効果的です。

実際、最初のカット編だけでも、やった後はちょっといい感じに見えてくる不思議。単純に楽しいです。

あとはどれだけ数をこなすかですが、動画編集はどんな動画でも練習台にできるので、数をこなせないという問題は皆無といってもいいでしょう。

ちょっと戸惑ったのは、ソフト起動直後の画面の細かいウィンドウの位置が動画での位置と異なっており、対応する場所が分からなかったこと。

生ハムさんはソフトを使いこなしているので、いろいろとカスタマイズをしているのは当然。仕方ない部分もあるので、逆に最初に画面のカスタマイズはこれみたいなものがあれば良かったかも。まあ、慣れたらすぐ分かるんですけどね。

あと、「04 カットの基礎を学ぼう」の8:00あたりの編集した動画の再生時など、それまでとは音声がかなり小さくなったりするところもあるので、この辺は改善してもらいたいところです。

あと、この講座受けると、バナナを食べたくなるか、嫌いになるかのどちらかになります。講座を受けてみれば分かりますw

Movie Hacksで得たスキルで動画編集やってみた

僕が実際に学んで編集した動画を用意しました。講座で出てきた内容、少しずつしか使えていませんが一応の形にはなりましたので紹介。

リツアンSTCの研修動画

元動画が非常に長くてカットがメインになってしまったので、別動画も用意したいです。

1編集前の動画

 

2編集後の動画

どこにもない音楽祭の動画

こちらはほぼテロップを付けただけですが、何となくそれっぽくなりますね。

 

気になる Movie Hacks の値段は?

さて気になるMovie Hacksの講座の価格ですが、買い切りで69,800円です。

そして、もう一つ重要な点がありまして、Adobe CCを使用すると先に書きましたが、持っていない人はこのソフトも購入する必要があります。こちらの価格は以下の通り。

Adobe CCの購入金額
  • 学生  月間:1,980円 年間:23,760円 ※税別
  • 一般  月間:5,680円 年間:65,760円 ※税別

学生分はまだ安価な方ですが、一般向けはかなり高額です。なので、学生以外の方は「デジハリ」や「たのまな(自己アフィリ)」で購入した方が良いです。

僕は「デジハリ」で購入しました。

年間:39,980円(税込)と通常よりはかなり安め。といっても、やはり少々値が張りますね。

ただ、仮にYouTubeを始めると、あまりにもクオリティの低い動画をアップしてもしょうがないじゃないですか。その点、こういった動画講座を使用すれば、編集という非常に重要で有用なスキルを身につけられます。

編集は外注すればいいやという人も、編集技術がどういうものかを知っておくことで依頼もしやすくなるでしょう。また、生ハム帝国さんのように、動画編集を身につけて大いに稼ぐも良し

買い切りなので、今後のコンテンツの追加にも期待ということで。

そして、Hackシリーズはある程度購入されたら、値上げをしていく傾向にあります。この商品も同じ道を辿ると思います。なので、迷っているなら早い方がいいです。

(2019/10/1  49,800円から69,800円に値上げされました。動画も24本追加されました。)

類似の講座:デザイン学ぶならDesign Hacks

動画に近しい講座としてデザインの講座もあります。この記事では詳細は取り上げませんが、こちらも人気が高まっています。

デザインはプログラミングと並んで、本業としても副業としても大いに役立つスキルです。本格的なものであれば、WebサイトのUI、UXの整備や、LPの作成などが代表的なものになるかと。

また、副業的には、ココナラなどのスキルを売るプラットフォームを活用して、似顔絵を作成したりなども可能となるでしょう。

動画のハードルは高いなという人は、こちらも参照してみるのもいいかもしれませんよ。

 

ムービーハックス受講生には仕事も紹介してくれる

僕自身は利用したことはありませんが、Chatworkを使ったお仕事案内コミュニティが作成されており、こちらで受講生は優先的に仕事を案内してくれる仕組みが誕生しました。

動画編集の仕事を獲得するには、自分で営業が必要だったんですが、その負担が少しでも解消できるなら嬉しいことですね。

参加するには「Freenance」への登録をしてくださいと書かれています。若干の費用がかかりますが、仕事をする際の保険と思って加入しておきましょう。

最後に:動画編集スキルは趣味にも実益にもなる

「Movie Hacks」について紹介しました。

YouTuberになることを軸に話をしてきましたが、別にYouTuberじゃなくてもいいと思います。単純に趣味で動画を撮影して編集するもいいです。機会は少ないかもしれないけど、結婚式とかの動画作成もサクっとできそうな感じ。

お金にはならないかもしれませんが、時間の節約には十分なるでしょう。

あるいは、このスキルを元に動画編集の仕事を請け負うも良し。YouTuberが増加する現在、編集者はたくさん必要になってくるし、非常に重宝されてきますよ。

また、動画編集って単純に楽しいです。

ノー編集では微妙な動画が、編集によってプロっぽい動画になってく過程は、非常にワクワクします。そして、趣味と実益を兼ねることができる動画のスキルは、結構自分を助けてくれるんじゃないかな。

僕はまだその領域に到達していませんが、SNS見ると、副業で編集作業を請け負っている人も出てきています。本気出してやれば、これを本業にすることも可能です。

動画編集は今後役立つスキルであることは間違いないので、習得したい方はぜひ試してみると良いでしょう。

購入する方はこちらから▼

おすすめの記事