36歳妻子持ちでも上京&転職

リツアンSTCでWeb系のエンジニアやっている、オクダヒロキです。

 

プロフィールを読んで頂いた方は知っているかもしれませんが、僕は2017年に転職を決意しました。ちなみに、このとき住んでいたのは長崎県で年齢は36歳、小学生の子どもが2人います。

 

今回は、35歳超えていても、小学生の子どもがいても、転職できるし上京もできる、ということを述べていきます。

プログラマは35歳で限界を迎える説→古い

プログラマは35歳で限界を迎える

 

誰がこんなことを言い出したのか分かりませんが、IT業界では常識的なレベルで話をされていたのがこの説です。でも、この説は既に古いです。特に、関東では35歳を超えていてもプログラマとして活躍している人が多数います。

 

フリーランスのエンジニアとして活躍しているならなおさらの話で、以前ギークスジョブのコンサルタントの方は、フリーランスのプログラマでも50歳までは求人あるよとのことでした。

 

コンサル受けた話はこちら▼

 

確かに、一昔前は「プログラマは設計書に基づいてコード書くだけの人、SEの言うことに従っていればOK」という立場で、考えずにやれる仕事だったのかもしれません。

 

でも、今のプログラマってSEのいいなりでもないし、かなりの思考力が必要とされています。長年培った知見も重要です。

 

昔ながらの”普通の”企業に関していえば、この辺りでプログラマを卒業して管理的な立場にならないと、今後の会社でのキャリア形成が難しくなる、という意味では正解といえます。

 

将来のキャリア形成を見据えて、プログラマを卒業しておかないといけないといけないのか、逆にプログラマみたいな技術的な職を長くやるかを考え、今自分がどの立場であるべきかは見極めておきましょう。

転職市場は35歳まで→同業種なら大丈夫

転職市場でもよく35歳までと言われますが、そんなことはありません。他業界への転職と考えるならば、それもあながち間違っていないと思いますが、僕の場合は、ITエンジニア→ITエンジニアという流れであれば、何てことはありませんでした。

 

転職活動期間は約1ヶ月間。

 

プログラマのスキルを磨くことは、転職時にはめちゃめちゃ自分を助けてくれます。なので、今プログラマやっている方は、他で通用するスキルを得られるかを重視して仕事に取り組んだ方が良いですよ。

管理職になるのはさっさと諦めた方が良い

管理職は企業のエリートです。野心あふれる人はそこを目指して頑張っていることでしょう。特に男性はそうですよね。

 

でも、よく考えてみてほしいのは管理職になれる比率です。

 

会社全体でみたら、せいぜい10%くらいじゃないでしょうか? 10年以上という条件(10年以上の人が会社全体の50%いる)ということを仮定しても、確率は20%にしかなりません。

 

つまり80%の人は平社員のままということです。

 

この状態を見て、自分が必ず管理職になることを想像できる人は、想像力豊かで実力がある方なんでしょう。ぜひ、そのまま突き進んで会社を盛り上げてほしいと思います。

 

ただ、先に述べたように、狭き門であることは認識しておく必要があります。僕は管理職になることを否定しませんが、なれないことを考えてリスク管理をした方が現実的でしょうということを言いたいです。

 

年齢が進むと、どうしても会社の業務に最適化されるように育てられます。特に会社のマネージャになると、その傾向は顕著で、他の会社で通用するスキルを得られる機会が減少する可能性が高いです。

 

それよりは、プログラマみたいなどこでも通用する職で力をつけた方が、後々の自分を助けてくれると信じています。

東京を選んだ理由は仕事がふんだんにあるから

僕は転職先に東京を選びました。正確には僕が住んでいるのは千葉県ですが、東京で仕事をしているので、東京にいるということで話をします。

 

東京にも千葉にも縁もゆかりもありません。今まで住んだこともありません。つまり、36歳にして上京を果たしたことになります。

 

「東京は住むところではない」とよく言われます。

 

確かに、ファミリー向けの物件は、あまりにも家賃が高すぎるので、今の僕には住む場所として選択しにくいのは確か。にも関わらず、東京を選択したのは、仕事に困ることはないと考えたからです。

 

今はリモートワークも進んできていますが、それでも日本の中心は東京。仕事の中心も東京です。東京にいれば、何かしらできることは見つかります。

 

また、東京を選択したことによって、コミュニティを形成しやすいというメリットも享受できています。僕は「人生逃げ切りサロン」というオンラインサロンに所属していますが、そのサロンのイベントにも参加できるし、リツアンSTCのセミナーにも参加できます。

 

Twitterで知り合った人にも会えますよ。人に会えばいいってものでは無いのは事実だけど、刺激を受ける環境を得られるのは重要なポイントです。

最後に:35歳過ぎていても転職も上京も可能

35歳過ぎていても転職も上京も可能です。

 

ましてや、僕には妻も小学生の子どもが2人いる状態でした。家族の理解を得ることは当然必要ですが、それが理由に行動できないのは、家族全員にとっても非常にもったいないと思います。

 

僕の場合、家族みんなが「引っ越してよかった」と言ってくれます。自分が正しいと思ったことを理解してくれて、何よりも嬉しい言葉です。

 

正直、運もあったと思います。リツアンSTCという変わった会社を見つけ、市場的にも好景気だったという点では運がありました。とはいえ、結局は行動するかしないかです。

 

そして、今の僕はブログを中心に、自分のためになることに挑戦できる機会があるので、それをコツコツと実施して、今以上のものを得られるように突き進みます。