オススメ記事
仕事で質問する場合 これでいいか→OK どうすればいいか→NG

「質問ってどうすればいいか分からない」

仕事を始めたばかりだとみんな忙しそうだし、こっちもどういう風に聞けばいいか分からないって人が多いと思います。今回はそんな悩みに対する解決方法です。

結論としては、質問は相手に全てを委ねるのではなく、自分の考えを交えて質問に加えるということになります。具体的にどういうことなのかを以下で説明していきます。

自分の考えを交えて「これでいいか」と聞くこと

今までやったことない仕事を上司から振られました。

仕事をしていく上で分からないことがある場合は、当然質問をしないといけないわけですが、あなたの場合、どういう風に話を持っていきますか?

「この仕事は何をどうすればいいですか?」

この質問をすることで、ほぼ間違いなく答えは得られると思います。でも、僕が仕事をするときには、相手に全て投げる質問はしないように心がけており、以下のような形で質問するようにしています。

「この仕事はA→B→Cを進め、今週末完了くらいを想定しています。問題ありませんか?」

実際には、ここまで完璧に言えるのは難しいかもしれません。でも、本当に何も分からないときは別にして、「この仕事はA→B→Cで良いですか?」くらいにはもっていきたいところです。

要は自分で考えられるべきところは頭をフル回転させて、「これでいいか」「こうしたらどうか」という提案をしていくことが非常に重要であると考えています。

なぜ自分の考えを交えて質問するのか

なぜ自分の考えを交えて質問をしていくことが重要なのかという点ですが、これは回答をピンポイントでもらうためにあります。

自分の考えも含めて相手に伝えることで、質問された人は以下のように行動します。

相手の考えを聞いた上での回答者の行動
  • 提案したきた内容が正しいか、状況を踏まえて判断する。
  • 正しくない場合は、その理由と代替案を伝える。

つまり、回答者は単に聞かれたことにポンと答えるわけではなく、質問者が伝えた情報をもとに多角的に物事を判断し、回答を作り出します。情報が適度に多ければ、考えてもらえるポイントが増えるので、自分が思っていた以上の回答を得られることがあり。

どれだけの量を伝えて相手から何を引き出すかは、その都度変わるものですが、基本的な考え方はこの通りです。

質問を変えて2つの能力を向上せよ

質問の仕方を変えることによって、「目的達成能力」「問題解決能力」の向上にも繋がります。

目的達成能力

僕が携わっているシステム開発のプロジェクトにおいては、何となくこういうことをしたいという、大きくて曖昧な要求からスタートすることが多いです。その曖昧なものを実現するには、具体的な作業や成果物に落とし込む必要があります。

作業や成果物の一つ一つは小さいものですが、その小さいものが集まれば大きい成果となり、目的が達成されていきます。この落とし込みに必要なのが、クライアントとの会話であり、提案をする力になってくるわけです。

もちろん、使用する場面はクライアントとの会話だけではありません。冒頭にも述べた例のように、リーダーから仕事を振られたとき、さらに仕事を細分化させていくといった作業にも必要でしょう。

問題解決能力

システム開発においては、問題は数多く発生するものです。開発中は、大きいものから小さいものまで数多くの問題を解消し、ようやく稼働を迎えます。稼働後も何かしらの問題が発生することもしばしばあります。

問題を解決する際に重要なことは、こうすれば解決するのではないかという点を思いつき、それを実行していくことにあります。思いつきには経験を要することもしょっちゅうあり、若年者にはやや難しいときもあるかもしれません。

しかし、間違ってるかもしれませんが、自分はこう考えたということを出していくことが必要なプロセスであると考えています。ただし、間違っているかもと思うときは、必ずレビューをしてもらうようにしましょう!

最後に:質問力を向上させて仕事ができる人間に

今回は仕事での質問をする際に心がけていることや、重要な点を述べました。

質問力は社会人にとっては社会人にとって極めて重要な要素であり、今後の人生を決定する能力といっても過言でもありません。仕事ができる人は良い質問ができる人が多いのです。

最終的には目的を達成すればOKです。ただし、その目的を達成するまでの近道は、誰かが教えてくれるものではありません。自分でしっかりと考えて情報発信をし、自分で手繰り寄せるもの。質問力を今よりも圧倒的に向上させて、仕事をさくっと完遂させちゃいましょう!

おすすめの記事