リツアンSTC

会社に黙ってブログやっているのがバレた結果

会社員がブログばれた

リツアンSTCのエンジニアオクダヒロキです。

皆さん、副業やっていますか?

僕は本業エンジニアなんですが、副業をやっています。今でこそ顔出しで表立ってやっていますが、始めた当初は誰にも話していませんでした。副業をやって問題ないのかを知らなかったことと、単純に恥ずかしかったって思いから。

 

で、そんなある日、会社に身バレしてしまうのですが、これはそのときの話です。そして、会社にバレて良かったというのが結論。

会社に隠して副業やっている人はチェックしてみてください。

営業からのショートメッセージ

ある日、会社のイケメン営業鈴木さんからこんなショートメッセージが入っていました。

「オクダさんってブログやっていますか?」

恐れていたことが現実になりました。
そう・・・ 身バレです。

考えれば、バレるのは当たり前です。リツアンSTC社員って書いているし、居住地も書いているんで、分かる人にはすぐ分かるはず。それなのに、なぜかそう簡単には見つからないだろうと思い、いろいろと記事を書いていました。

でも、僕は元々ブログを書いていることは会社の人には言うつもりはなかったということもあって、仕事しながら焦ってしまいました。

僕
変なことは書いていないはず・・・
でも、無断で書いているからか・・・
会社名出しているし・・・
副業はOKだったはず・・・
でも、勘違いしてたかも・・・

そんなことをぐるぐると考えながら、仕事を完了。帰宅しつつ作戦を考えましたが、「ごまかしたところで後々バレたらそっちの方が面倒だし、正直に話そう」と決断しました。

帰宅後、鈴木さんに電話。
「ブログ活動、短かったなー」なんて思いながら。

僕
もしもし、連絡があった通り、ブログ書いています。
鈴木さん
鈴木さん
あー、やっぱりそうでしたか。
記事から何となくオクダさんかなって思って。
僕
(ちっ、勘のいい人だな)
内容まずいですか?
まずいようならすぐ消しますけど。
鈴木さん
鈴木さん
全然問題ないですよ。
むしろ、こんな風にまとめてPRしてもらってありがたいです。
愚痴とか書いてもらってもいいですよ。
いいことばかりでも信憑性が無いんで。
僕
(良かった・・・)
鈴木さん
鈴木さん
うちは副業OKにしていますから。
あと、他にもブログやSNSで発信したい人、結構いるみたいなんですよ。
そんなわけで、今度セミナーみたいなのをやろうと思っているので参加しませんか?
僕
行きます。(ニヤリ)

僕の心配は杞憂に過ぎませんでした。

副業が当たり前の時代へ

現在の日本は昔に比べると、給料は上がりにくくなっています。さらに、今後は社会保障費がどんどん膨らんでいってしまう時代です。僕たちが年金をもらえる世代になったとき、どれほどの金額が支給されるか不安ですよね。

正直多くは期待できませんし、国の社会保障だけに頼るのはあまりにリスキーです。

このような時代の流れや働き方改革などの風潮もあり、副業も許される会社が増えてきました。とはいえ、副業自体を禁止している会社の方がまだまだ多いのが現実です。

また、実際には副業やるより、本業をもう少しやってくれよというのが会社の本音じゃないかなと思ったりもします。中小企業は特にそうじゃないかな。

リツアンSTCは副業OK

そんな中、リツアンSTCは副業もOKです。

むしろ、副業を支援してくれる動きが出てくるかも、と思わせる鈴木さんの発言でした。自分のいる会社ながら、考え方が進んでいるなと思います。

もちろん、何でもかんでも支援するのではなく、僕が会社のPRをしたことが根っこにあります。このようなPR活動者が増えていけば、少ない投資で会社を大きくできる可能性が高まるわけですから。Win-Winの関係を築けて、自分にも何かいいことあるかもなんて期待しています。

今後、会社としてどのような活動があるか不明ですが、おもしろいことが起きてほしいなと考えているところです。

まとめ

副業バレたけど、全然問題無かった件についてまとめてみました。

悲しいかな、副業をやっているということを堂々といえる会社は少ないようです。

一方、繰り返しになりますが、リツアンSTCは副業もOKです。もちろん、本業をおろそかにすることはあってはならないことです。でも、そこをしっかりやっていれば、自分のやりたいことを実現できる環境があります。

興味あれば、リツアンSTCのことをもっと知ってもらえたらと思います。

いちばんイケてる派遣会社「リツアンSTC」
  • エンジニアはいつも仕事が忙しい
  • エンジニアは収入が増えない
  • エンジニアは会社には逆らえない

この考え方は誤っています。エンジニアの給料が低いのは、エンジニアのせいではありません。会社がお金を取りすぎてエンジニアに回ってきていないだけです。

リツアンSTCは、「客先単価×68%」の給料を実現。エンジニアファーストをモットーとし、どこよりも高還元を目指します。収入に悩んでいるエンジニアはぜひご覧ください。

リツアンSTCについて調べる