5分でエントリー完了、リツアンSTCの採用までの流れと注意事項

リツアンSTC

どうも、リツアンSTCでエンジニアをやっている、オクダヒロキです。

 

「リツアンSTCの採用の流れはどうなっているの?」

「何か注意することあるの?」

って思う方がいるようなので、今回はこちらにまとめてみました。

 

早速エントリーする方はこちらから▼

 

採用までの流れ

採用までの流れはざっと以下の通りです。

採用の流れ

他の企業とそう大きくは変わらないと思いますが、一つずつ詳しく見ていきます。

 

エントリー

まずは何はともあれエントリー。

エントリーは以下のページから行ってください。

 

詳しい手順は以下の通りです。

 

画面の項目を入力する

「プライバシーポリシー」のリンクをクリックする

 

プライバシーポリシーの内容を確認する

「プライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れて、「送信する」ボタンをクリックする

 

特に難しいことはなく、スムーズにできると思います。

この後にも画面が出てきた場合は、画面の指示に従って進めてもらいたいです。

 

必要書類の記入と送付

エントリーしてから数日が経過すると、リツアンSTC採用担当者より連絡がきて、以下の書類の記入を依頼されます。

  • 履歴書(フリーフォーマット)
  • キャリアシート(採用担当者よりテンプレートが送られる)

 

手書きじゃなくて、パソコンで記入してもらえればOK。

書類を記入後、メールにて返送してください。

また、このときにリツアンSTC担当者との面談の希望日も聞かれているはずですので、面談の日程を調整してください。

 

リツアン採用担当者との面談

送付した履歴書、キャリアシートを元にリツアン担当者と面談をします。

話す内容は概ね以下の通りです。

  • 志望動機
  • これまでの経験
  • 条件の確認
    • いつから働けるか
    • 勤務地
    • 仕事内容
    • 年収

通常は担当者と直接会って話をすることになると思います。

思うというのは、僕は九州に住んでいたことから直接会うのが難しく、skypeを使って面談した経緯があるからです。

関東、中部地方の方は問題無く面着で話せることでしょう。

 

skypeを使用する場合でも、可能な限り、Webカメラやスマホで顔を見ながら話せるようにしてもください。

やはり、顔が見えるのと見えないのでは面談の進み具合が全然違うので。

また、希望条件が変更になった場合は、すぐにリツアン担当者に連絡してください。

 

面談は最初は緊張するでしょうが、ホント気軽に答えてもらえれば大丈夫です。

ちなみに、僕はリツアン担当との面談前に履歴書を送り忘れていましたけど、問題無く面談が進みましたよ。

営業の人がうまくやってくれたおかげですね。

 

客先担当者との面談

リツアン担当者との面談が終了した後は、客先担当者との面談になります。

 

日程調整など、派遣先とのやり取りは全てリツアン担当者が行いますので、安心して任せてください。

また、勤務可能日がずれる可能性が少しでもある場合は、この面談で自分の口で必ず伝えてください。

 

面談終了後、リツアン担当者と少し話をして終了です。

僕の場合、九州から関東へ面談に行きましたので、飛行機を使いました。

会社によってはこういったときに交通費は自腹になるかもしれませんが、リツアンの場合は交通費も支給してくれるという太っ腹。

これなら遠方でも安心して面談に臨むことができますね。

 

採用

面談後、派遣先とリツアンSTC、応募者の条件が整えば、リツアンSTCに採用となります。勤務開始日に備えて頂きたいと思います。

特に、会社に在籍中の場合は、そこでの仕事や引継ぎをしっかりと終わらせておきましょう。

 

残念ながら条件が合わなかった場合は、別の客先との面談がセッティングされます。

再度日程を調整して、次の面談に臨みましょう。

概ね1ヶ月~3ヶ月くらいで、採用までこぎつけられると予想されます。

 

ちなみに、僕は運良くリツアン担当者、派遣先との面談がそれぞれ1回で済み、期間も1ヶ月程度で終わらせることができました。

 

まとめ

リツアンSTCの採用の流れをまとめてみました。

 

そう大きく変わったことがあるわけでもなく、一般的な流れになるかと思います。

就職、転職は不安なことが多いと思いますが、一歩勇気を踏み出して行動に移してみてはいかがでしょうか。

コメント