リツアンSTC

リツアンSTCは未経験者OK? →2年以上の有経験者推奨

リツアンSTCでWeb系のエンジニアをやりながら、”無償で”会社の発信もしているオクダヒロキです。

くま坊
くま坊
リツアンSTCのエンジニアって未経験でも入れるんか?

こんな活動やっているとたまに質問を受けるのですが、その中でも多いのがこの質問です。

僕はリツアンSTCに転職する際、経験10年以上積んだ状態で入っているので、あまり意識したことなかったんですよね。しかしながら、勝手ながらもPRをやってる身として、会社の正式な方針を確認しておこうと思い、実行してきました。

リツアンSTCに興味がある方は、ご確認ください。

リツアンSTCは、エンジニア未経験でも入れるか?

さて、「リツアンSTCはエンジニア未経験でも入れるか?」についてです。

結論から書きますと、「2年程度の経験を積んでから、リツアンSTCにチャレンジして欲しい」というのが回答です。

というのが、営業からの正式な見解です。従って、未経験では極めて難しい状態ということですね。経歴によっては、書類選考で判断し、リツアンSTCとの面談もお断りする場合もあります。

ただし・・・

「これまで個人開発などで開発の経験がある方、 目指される職種に関連する学習を大学などでされてきた方、 関連する資格をお持ちの方は、未経験でも就業できる可能性があります。」

とも言っていました。ポテンシャルが高そうか、あるいは何かしら努力しているかというところを見ているようですね。(2018年8月時点)

リツアンSTCで未経験者の採用が難しい理由

リツアンSTCで未経験者の採用が難しい理由は、以下の2つです。

  • 仕事場(派遣先)を与えることに特化している
  • お客様から求められる人材ではない

仕事場(派遣先)を与えることに特化

リツアンSTCは、仕事場(派遣先)を与えることに特化している会社です。

良く言えば、「派遣先で自由にやってください」ということ。悪く言えば、派遣先に放り込んだあとは「よろしく~」ということです。未経験者を一から育てる余裕がありません。

誤解のないように言っておきますが、エンジニアからの悩み相談やトラブル対応はもちろん実施しますよ。ただ育成面に関しては弱点があるということです。

僕自身は部下をもった経験もあるので、育成しながらというのもできると思っていますが、万人がそうではありません。あとは、育成をする人には手当とかも考えないといけないし、制度面でもまだ整備されていないのが現状です。

お客様から求められる人材ではない

派遣業は、お客様から求められる人材を現場に派遣するものです。特にIT業界では、即戦力が求められる傾向にあります。

「経験者でもミスマッチが発生する可能性があるのに、未経験者はもっての他!」

と思うお客様は多いです。(残念ながら)

教育に時間とお金をかけたくないからこそのアウトソーシングなのに、これでは本末転倒ですからね。ただ、未経験とはいいませんが、経験が乏しい人でもいいよというお客様はいると思います。

というのも、僕がいた前の会社はそうでした。「こちらで教育するから、単価低めにさせてもらえませんか」とお願いしていました。

その結果、自社の後輩以上にパートナーの人をみっちり教育していましたね。本当に苦労したので、育成をするにも程々にしてもらいたいですが。

結論:リツアンSTCは2年以上の有経験者のみ

リツアンSTCとエンジニア未経験者の採用について、まとめてみました。

リツアンSTC自身が教育をする環境を構築する考えも必要です。しかしながら、今はそれが実現できる状態にはありません。

ただ、それ以上に社会全体で技術者を育成する考えが広まって、未経験の方でも安心して働ける世界になることが必要だと考えています。

繰り返しになりますが、現状、未経験者を採用するのは困難な状況です。なので、2年以上の実務を経験し、それでもリツアンSTCを希望して頂けるなら、エントリーをお願いします!

ABOUT ME
オクダヒロキ
Web系のシステムエンジニア、プログラマー。 九州のソフトウェア開発会社に約10年在籍し、中間管理職へ。そこそこの出世コースを歩むも、生き方を変えるためにリツアンSTCへ転職。 エンジニアの後押しをする思いから、2018年4月より当ブログ「ビジロガー」を開始。 お気軽にご連絡ください。 詳しいプロフィールはこちらから。 お問い合わせは、TwitterのDMもしくはお問い合わせページからお願いします。
リツアンSTC
  • エンジニアはいつも仕事が忙しい
  • エンジニアは収入が大してもらえない
  • エンジニアは会社には逆らえない

この考え方は誤っています。エンジニアの給料が低いのは、エンジニアのせいではありません。会社がお金を取りすぎてエンジニアに回ってきていないだけです。

リツアンSTCは、「客先単価×68%」の給料を実現。エンジニアファーストをモットーとし、どこよりも高還元を目指します。収入に悩んでいるエンジニアはぜひご覧ください。

リツアンSTCについて調べる