【リツアンSTC】3つのマージン率と給料の制度 退職金とボーナスも解説

リツアンSTCの正社員で、エンジニアをやっているオクダヒロキです。

 

リツアンSTCが「イケてる派遣会社」として知名度を上げようと画策しており、Twitterなどでもリツアンが気になっている人が増えています。となると、出てくるのはこの話題。

 

「リツアンSTCって給料どうなっているの?」

「リツアンSTCって年収はどのくらいもらえるの?」

 

そう、転職をする上で気になる点の一位、二位を争うのが給料です。この記事を読めば、リツアンSTCのマージン率と給料の制度がばっちり分かるので、気になる方はチェックしておいてください。

 

リツアンSTCのエントリーはこちらから▼

 

リツアンSTCの3つのマージン率と給料の制度

リツアンSTCは、いわゆる高還元SES、高還元派遣と呼ばれる会社であり、その名の通り高い給料を実現しています。マージン率と給料の制度に関してですが、以下の通り3つの区分に分けられます。

マージン率
  • 1年目~3年目:32%
    ※公式やブログには29.1%と記載されていますが、32%が正しいです。
  • 4年目~10年目:19.1%
  • 11年目以降   :0%

以下、詳細を記述していきます。

 

1年目~3年目のマージン率は32%

まずは1年目~3年目の給料です。下の画像は2013年とがやや古いのですが、給料の早見表です。

予想給料の早見表

契約内容によっては、時給じゃなくて月固定であったり、精算幅(140時間~180時間など)が設けられたりしますが、この早見表通りといって問題ありません。実際は、ほんの気持ち程度高くなるかな。

 

全国平均のマージン率をはっきり確認できる資料を見つけることができなかったのですが、派遣業界全体では30%、ITでは40%あたりと言われています。

 

そんな中、リツアンSTCのマージン率は1年目から3年目は32%です。簡単にいえば、以下の式で計算することができます。

タイトル

客先単価 × (100 - 32)% = エンジニアの給料

これ、業界内ではトップクラスの数値であって、僕の知る範囲ではリツアンより高く還元している会社は見たことも聞いたこともありません。

 

仮にお客様から50万円の単価をもらったとすると、リツアンでの給料は34万円になります。

単価50万円のときの給料

50万円 × (100 - 32)% = 34万円

 

50万円という金額は、会社間の契約でいえばそこまで大きい金額ではなく、業界の2~3年目あたりで契約できるくらいの金額に相当します。そのくらいの年数で、あなたの会社では34万円の給料をもらうことができますか?ということを聞きたい。

 

マージン率を公開しているということは、給料はクライアントからもらえる金額の変更に追従することになります。単価上がれば給料上がるし、逆も然り。

 

単価上がったことが知らされないなんてことはありません。会社間の金額も、社員がもらえる契約書にばっちり書かれているのでご安心を!

 

4年目~10年目のマージンは65,000円(プロフェッショナル契約)

リツアンで特筆すべきは4年目以降です。

 

4年目~10年目のマージン率は平均で19.1%。驚くべき数値ですね! 平均でというのは理由があり、会社のマージンが割合じゃなく、固定費65,000円になるので、マージン率は人によって異なるからです。(社会保障費は別途引かれますよ)

 

これはリツアン内では「プロフェッショナル契約(プロ契)」と呼んでいます。プロフェッショナル契約を結ぶには条件があります。

  • クライアントからの評価
    クライアントからのクレームや改善指導など、著しく勤怠が問題でなければ誰でもクリア可能
  • リツアンSTCからの評価
    タイムカード(出勤簿)が正しく記入でき、請求書やご自身の給料の計算ができればクリア可能

真面目に業務をこなしていれば、絶対にクリアできる簡単なものです。つまり、3年きっちりと仕事をこなすことができてれば、この条件はあって無いようなもの。

 

10年目以降はマージンは0円(プロフェッショナル契約改)

そして11年目以降になると、驚くべきことにマージン0円! (プロフェッショナル契約改というのは僕が勝手に付けた名前ですw)

 

4年目~10年目のマージンは65,000円(+社会保障費)なので、この65,000円が毎月アップするということですね。つまり、年収にすれば780,000円のアップとなります。後述しますが、マージンゼロの制度は退職金の代わりになることをイメージした制度です。それを踏まえて次の金額を見てもらえれば。

 

僕がこのままリツアンSTCにずっと在籍した場合、マージンが0円になるのは46歳からです。60歳まで仕事を続けると仮定した場合、780,000円を14年間分受け取ることができます。

780,000(円) × 14(年) = 10,920,000(円)

35過ぎて転職した人に1000万の退職金と考えたら、大企業じゃない会社にこれを実現できる会社ありますかね?

 

さらに25歳からリツアンSTCに入社して、60歳まで働いたと仮定した場合は?

780,000(円) × (60-(25+10))(年) = 19,500,000(円)

 

退職金として考えた場合、ものすごく多いというわけじゃないですが、中小企業としてはいい水準を保っているんじゃないでしょうか。元々高還元な上に、これだけ給料が上乗せされると考えたら、めちゃくちゃ嬉しくないですか。一社員としても、この制度がずっと続くことを願うばかり。

 

リツアンSTCには無い2つの制度とその理由

リツアンSTCの給料制度で、一般の会社には無いものがあります。それは以下の通り。

  • 退職金
  • ボーナス

 

 

リツアンSTCには退職金が無い

リツアンSTCには退職金もありません。その代わりというのが前述したマージン0になります。

 

高還元で設立10年ちょっとのローカルベンチャーという会社の位置づけを考えれば、退職金が無いのもまあ頷けます。ただ、会社誕生から10年が過ぎ、野中社長は福利厚生の充実を考え始めました。その結果、生命線といえるマージンをゼロにすることを決定して誕生した制度です。

 

位置付け的には退職金ですが、現在のところ毎月支払う形になっているはず。僕は節税したいので、退職金として支払うプランも欲しいなと思うところ。その辺はちょっくら会社に相談してみます。

 

リツアンSTCにはボーナスが無い

リツアンSTCにはボーナスもありません。

 

これを残念と考える人も一定数いるでしょう。ただ、リツアンとしてはボーナス分を月の基本給に充てることで、残業代や傷病手当を高くするという考えです。そう考えれば、納得いくのでは?

 

また、ボーナスって支給するも支給しないも実は会社次第って知ってます? 業績悪い場合は支給されなくても文句言えないんですよ。業績良いときは多く支給される可能性はあるけど、企業も内部留保に走ることが多いので、出し渋りも結構ザラにあるので。

 

僕は前の会社にいるとき、何度か支給されなかったことありましたよ。なので、そこに頼るべきものじゃないということです。

 

最後に:リツアンSTCは低マージンで高還元を実現

リツアンSTCは、低いマージン率を維持し、社員へできるだけ高い給料を支払う高還元の会社を実現しています。

 

それを可能とするためには、きらびやかな事務所は持たない、各社員へのコストを下げるためのシンプルな制度、そしてリファラル制度などで採用にお金をかけないことを実施しているからです。

 

大企業と比べると確かに福利厚生などで物足りない部分はあるかもしれないけど、そのマイナスを取っ払ってでも給料へ反映する仕組みはシンプルで納得できる制度じゃないかなと考えられるのでは。他社もよく見ながら、じっくり検討してみてください。

 

リツアンSTCのエントリーはこちらから▼

リツアンSTCの仕組み