リツアンSTCはマージンをゼロにして社員に還元します

リツアンSTC

エンジニアの皆さんに朗報です。

 

リツアンSTCがついに・・

エンジニアからのマージンとるのをやめて、ゼロにします。

つまり、あなたの給料がアップしますよ。

 

「うさんくさい」

「何を言っているんだ、こいつは?」

と思いますよね。

でも、とりあえずお話だけでも聞いてください。

これはチャンスですから。

以下に詳しく書いていくので、しっかりと読んでもらいたい。

 

<2018年9月からの運営方針に関する記事>

■第1弾

本記事

■第2弾

将来はリファラル採用のみ? リツアンSTCはリファラル制度を強化
リツアンSTCに関しては、会社よりも先に情報を横流しする、PRエンジニアの「オクダヒロキ」です。 今回は、2018年9月からの運営方針に関する情報の第2弾になります。 内容はずばり! リファラル制度=「リファラル採...

■第3弾

あのトップブロガーにも会える! リツアンSTCは一風変わった研修を用意しています
リツアンSTCのPRエンジニアのオクダヒロキです。 ここ1週間くらい、通常の3倍の情熱でリツアンのPR活動に取り組んでいます。 さて、リツアンSTCの運営方針の第3弾はリツアンSTCの社員研修に焦点を当てていきます。 ...

■第4弾

みんなで気軽にもぐもぐ手当、リツアンSTCのPR採用手当が変更
リツアンSTCの2018年9月からの運営方針、第4弾は 「みんなで気軽にもぐもぐ手当、リツアンSTCのPR採用手当が変更」 です。 運営方針に関する記事は、これが最後になる予定です。 <2018年9月...

 

マージンがゼロとなる条件

/**
 * 
 */
function 給与支払() {
    if (false) {
        マージンゼロ();
    } else { 
        マージンがっぽり(); 
    }

}

 

マージンがゼロになるといいましたが、すべての人が対象ではなく一つだけ条件があります。

その条件とは・・・

 

勤続10年以上

 

全員マージンがゼロになるような感じで煽っちゃってすみません。

世の中うまいことばかりでは無いってことですよ。

 

でも、勤続10年以上の条件付きとはいえ、マージンゼロなんて聞いたことあります?

ピンハネが美徳の派遣会社で、そんな話聞いたことありません。

 

最初にこの件を知ったとき、こう思いました。

やはり僕のいる会社は、どこか間違っている・・・

 

マージンをゼロにする理由

 

マージンをゼロにする理由は「退職金」が密接に関わってきます。

 

実は、リツアンSTCには退職金がありませんでした。

設立約10年という歴史と、「毎月の給料を高くする」「引き抜かれることを推奨する」というコンセプトを考慮した場合、退職金がなかったのは当然といえるでしょう。

 

しかし、10年が過ぎ、社長は福利厚生の充実をちょっぴり考え始めました。

その結果、生命線といえるマージンをゼロにして退職金代わりにすることを決定したのです。

 

これはもう本当にびっくりです。

何がびっくりって、うちの社長、こんなブログやってるんです。

『ピンハネ屋』と呼ばれて
株式会社リツアンSTC 代表取締役 野中久彰

 

ピンハネ屋を自称するほどのピンハネ界の第一人者が、このような行動に出るなんて、ピンハネ界の風上にも置けませんわ。

純粋なピンハネ屋とはいえなくなったので、ブログの名前変えてみてはいかがでしょうか。

というか、記事を更新してください。

お願いします。

 

ところで、その資金はどこから出るのか?

もちろん、ピンハネ屋らしく、10年以内のエンジニアからのピンハネです。

「これはまさかのマージン率アップ!?」と思いきや、10年以内のエンジニアの採用を強化すれば費用は自ずと賄われるという算段です。

 

間接的にですが、エンジニアがエンジニアにピンハネする構図になります。

僕も漏れなく搾取されますが、将来のためと思ってここは我慢しておきましょう。

 

マージンゼロの内容

/**
 * 
 */
function マージンゼロ()
{
    throw new \Exception(
      'マージンゼロ未対応');
}

 

リツアンSTCでは、4年目以降から「プロフェッショナル契約」が結べます。

そのときの会社のマージンは、毎月 \65,000(+社会保障費)。

この \65,000 をエンジニアに還元するのが、マージンゼロの具体的な内容です。

つまり、年収にすれば、\780,000 のアップに繋がるということです。

 

退職金と位置付けたときの試算をしてみましょう。

僕がマージンゼロになるのは46歳で、60歳まで仕事を続けたら14年間。

つまり・・・

\780,000 * 14(年) = \10,920,000

 

リツアン ハンパないって!

35過ぎて転職した人に、1000万の退職金用意しているやん。

そんなんできる?

言っといてや、できるんやったら!

 

税金が絡むと満額もらえるか分かりませんが、元々もらえると思っていなかったものが有り得ないほど増えたので、僕の心はハンパないほど震えています。

当然のことながら、リツアンへの入社が早い程、もらえる金額が大きくなりますよ。

 

ネタの信憑性

「これホントの話なの?」って思われるかもしれません。

でも安心してください、事実です。

 

実は、2018年6月末にリツアンSTC野中社長より、エンジニア宛にPDFが届きました。

内容は「リツアンSTCの2018年9月末からの運営方針」。

マージンゼロにするのは、この運営方針に書かれていた施策の一つです。

 

※PDFを添付するのはアレがアレなので、タイトル部分だけ。

※第12期というのは2018年9月からになります。

 

他にも何個かありますので、それは別途紹介しますね。

 

まとめ

リツアンSTCが新たに打ち出した施策

勤続10年以上 マージンをゼロ

2018年9月から開始しています。

 

もちろん、今大企業に勤めているのであれば、これ以上の退職金がもらえると思います。

安泰な企業であれば何もいうことはありません。

 

中小企業はどうでしょう。

新卒で入って定年までいけばこのくらいの金額かもしれませんね。

ただ、それは会社という枠組みで手足となって、精一杯やってこそのものでしょう。

 

一方、リツアンSTCは相当に自由です。

プライベートな時間をつぶされることはまずありません。

 

35歳を超えていても遅くはありません。

皆さんも10年以上働いて、退職金をゲットしませんか?

 

人材派遣会社の特性を許容できるのであれば、リツアンSTCはあなたに合っていると思います。

コメント