みんなで気軽にもぐもぐ手当、リツアンSTCのPR採用手当が変更

リツアンSTC

リツアンSTCの2018年9月からの運営方針、第4弾は「みんなで気軽にもぐもぐ手当、リツアンSTCのPR採用手当が変更」です。

運営方針に関する記事は、これが最後になる予定です。

<2018年9月からの運営方針に関する記事>

■第1弾

リツアンSTCはマージンをゼロにして社員に還元します
リツアンSTCのPRエンジニアのオクダヒロキです。 エンジニアの皆さんに朗報です。 リツアンSTCがついに・・ エンジニアからのマージンとるのをやめて、ゼロにします。 つまり、あなたの給料がアップしますよ。 「うさんく...

■第2弾

将来はリファラル採用のみ? リツアンSTCはリファラル制度を強化
リツアンSTCに関しては、会社よりも先に情報を横流しする、PRエンジニアの「オクダヒロキ」です。 今回は、2018年9月からの運営方針に関する情報の第2弾になります。 内容はずばり!リファラル制度=「リファラル採用」と「リファラル手...

■第3弾

あのトップブロガーにも会える! リツアンSTCは一風変わった研修を用意しています
リツアンSTCのPRエンジニアのオクダヒロキです。 ここ1週間くらい、通常の3倍の情熱でリツアンのPR活動に取り組んでいます。さて、リツアンSTCの運営方針の第3弾はリツアンSTCの社員研修に焦点を当てていきます。 <2018年...

■第4弾

本記事

「もぐもぐ手当」に名前が変わる

これまで「PR採用手当」とか「飲み会手当」と言われていた手当ですが、名前が「もぐもぐ手当」に変わりました。平昌オリンピックが終了して早5ヶ月。既に出遅れ感満載のこのタイミングで、あの女子カーリング日本代表に便乗してきたのは理由があります。

PR採用手当だと、リツアンSTCのことをPRしないといけないと考えてしまいがちですが、実際はそうじゃなくてもいい。他の会社のエンジニアに紹介するだけでなく、派遣先の同僚や上司との食事でもいい。飲み会じゃなくてもよくて、カフェやBBQ、ボーリング等なんでもOK

そんな感じに仕上がっております。

もぐもぐ手当の狙いですが、これは基本的に今までと変わりありません。社長のブログをご覧ください。

リツアンの飲み会手当について - 『ピンハネ屋』と呼ばれて
リツアンには飲み会手当があります。 正式名称は『PR活動手当』というもの。どういう手当かというと派遣のエンジニアがお酒が飲みたくなったら職場の同僚や上司を誘って居酒屋にいってもらうという単純な手当。1人当り5000円まで経費として認めています。接待交際費扱い。 <a href="" data-mce-href="...

 

リツアンSTCの採用に繋げるということと、周囲との交流を深めていくのは当然のことです。更には、取引の安定継続単価アップに繋げていくことも狙いの一つとなっています。単純接触の原理で、何度も顔を合わせて話をしている人の方が評価を上げたくなりますからね。

もぐもぐ手当の使用にあたって考えていること

もぐもぐ手当ですが、僕は今のところ1回のみ使いました。といっても、社長+専務+営業+同じ職場のメンバーとの飲み会だったので、特に申請はせず、自動で使用されたというのが正しいです。

飲み会自体は今後も定期的にありそうな雰囲気だったのですが、どうなるかな。

あと、僕としては、何よりも単価アップに繋げたいというのが一番強い思いです。というのも、今の現場に入る際、当初の話より単価が2~3万下がった状態で始まったことが理由です。

転職で応募した僕にとって、当時はリツアンSTC及びどこかの現場に入れることが最優先であり、単価の条件は少し下げていました。入ってしまえばあとは何とかなるだろうと考えていたのです。

だからこそ、まずはそれを取り戻したいという気持ちが強いです。そして、個人的には今のチームで一番の実績を上げていると自負しております。ただ、業務終了後の帰宅速度も人類最速に近いので、別チームのメンバーからはいい目では見られていないかもしれません。

だからこそ、このもぐもぐ手当を使って、アピールの場を設けることが必要でしょう。

まとめ

リツアンSTCの「もぐもぐ手当」について書きました。

近年はコンプライアンスが厳しかったり、経費削減の傾向が強かったりして、会社のお金で飲み会に行くことが難しくなっておりますが、リツアンSTCはその真逆をいっています。ただ、その方向性が支持されているとも思っています。

飲み会嫌いな人は、別の使い方もできるので、人さえいれば使い方に困ることはないでしょう。今後の仕事を充実したものにしていきましょう。

コメント