リツアンSTCとふんどし部

どうも、筋肉をつけたいと思いながら、贅肉ばっかりついているオクダヒロキです。

 

皆さん、会社の研修ってちゃんと参加していますか? 会社命令とあらば出ないわけにはいかないと思いますが、「これ出ても意味ない」って思うことはあるでしょう。

 

でも、リツアンSTCの研修は無駄になることは少ないです。

 

その理由は、大した話ではありませんが、自分が参加したいものだけ参加できるからです。単純にそれだけ。

 

そんなリツアンの研修ですが、2019年4月20日リツアンの東京オフィスにて、株式会社ふんどし部とコラボして、健康管理をテーマとした研修が開催されました。健康に気を遣わないといけないエンジニアはぜひとも読んでみてください。

講師は ふんどし部代表の「星野雄三」さん

トレーニングの講師は、株式会社ふんどし部 代表取締役の星野雄三さんです。

 

東京大学大学院で筋生理学を学んだ後、その知識をフルに事業に活かしていますね。チームラボをはじめ、新進企業への導入、エンジニアやコンサルなど、専門職の身体トレーニングのプロフェッショナルです。

 

ふんどし部とリツアンは数年前から親交があり、リツアン主催のイベントにも参加頂いております。その縁もあって、今回はリツアンエンジニア向けのトレーニングを実施する運びとなったわけです。

今回の研修は「健康管理トレーニング」

そして一番大事なトレーニングの内容ですが、健康をテーマとし、身体面、精神面における健康管理について理論と実践の双方から学び、体験するというものでした。

 

ターゲットとしている人は以下の通り。

  • 健康管理に興味がある方
  • トレーニングに興味がある方
  • ジムに通いたい、通っているけどなかなか続かない方

 

僕たちのようなITエンジニアは、油断するとすぐに不健康になります。それもそのはず、極度に目を使用するし、仕事では座りっぱなしで長時間同じ姿勢。30歳を超えてくると、首と肩は凝っている人が圧倒的に増えていきます。

 

実は、僕も首と肩が極度に凝る体質で、何とか解消されないかと長年悩んでいる人間で、参加した理由の一つです。そして、単純に運動不足ということもあり、運動不足を効果的に解消するためのここで理論と実践方法を学びたかったことも理由です。

座学と筋トレの繰り返し

研修を具体的にどのように進めていったかというと、簡単にいえばワークショップと筋トレの繰り返しです。

 

もう少し具体的にいうと、座学を行い、自分の体験談を話した上で、星野さんのアドバイスを受けるワークショップを25分、そしてお待ちかねの筋トレを5分実施し、またワークショップ→筋トレ→・・・と繰り返していく形式でした。

 

菓子パンをやめて友達を増やす

座学で行ったのは、肉体改造には欠かすことができない食事内容の知識ですね。僕の食生活で一番問題だったのは、朝食にパンとコーヒーを摂取していることでした。

 

パンは筋肉を形成する栄養素はほとんどなく、それにクリームや砂糖などの甘いものを加えてしまうと、ダイエットの天敵である糖質まで過剰に摂取してしまうとのこと。特に菓子パンは、最悪の代物であることを理解しました。

 

もう菓子パンは一切買いません。

 

あと、星野さんから提供された資料にも書いていましたが、座学で印象に残ったのは、『「人は一人では変われない」という前提に立つ』ということです。

 

ダイエットや筋トレに挑戦したけれど、途中でやめてしまった人は多いと思います。僕も何度か筋トレでマッチョになってやろうと思っていたけど、なかなか継続できずの人間でした。

 

これまでは「僕は意志が弱いダメな人間だ」と自分で評価を下してしまっていたものの、一人でできるものではないという言葉をプロから言われたら、「自分だけじゃないんだな。当然の結果なんだ」と思えて、何だかすごくすっきりしたものです。

 

もっと仲間を増やしていかないといけないのですが、僕は友達が少ない陰キャなので、誰か僕の友達になってください。

  • 菓子パンは一切買わない
  • 友達を増やす(目指すは100人)

 

筋トレですべては解決する

ワークショップにて、自分の体の悩み(首や肩の凝り)を伝えたのですが、それを改善する答えは「筋トレ」でした。僕の隣にいた方もいくつか悩みを抱えていましたが、その解決方法は筋トレでした。

 

今回の参加者や25名近くいましたが、悩みの解決方法の9割は筋トレでした。つまり、筋トレはすべてを解決するということです。とても大切なことが分かりましたね。

 

実際、筋トレをすることで、凝りの部分がほぐれて血行が良くなるし、疲れにくくなることが期待されるので、筋トレが多くの問題を解決するのは間違いじゃないですね。

 

筋トレでつらいときは「マッスルマッスル」

で、研修の様子を公式アカウントがツイートしています。お待ちかねの筋トレタイムですね。

 

上のツイートを見てもらえれば分かりますが、参加者はほぼ男性。一人は女性で、3名くらいは普段から鍛えている人もいましたが、基本的にはたるんでいるおっさんです。もちろん、僕もたるんだおっさんの一人。

 

そんなおっさんたちが筋トレをしても、まああんまり動けないわけです。なので、つらいときの合言葉を唱えます

 

「マッスルマッスル」と。

 

はたから見れば完全に恐ろしい集団ですが、筋トレするときはこれが正式な姿です。マッスルを唱えないのは失礼にあたるので、ちゃんと覚えておいてくださいね

 

そんなこんなで、14:00に開始された研修が終了したのは17:00を少し回ったくらい。時間にして約3時間でしたが、大勢の仲間と一緒にやったこともあって、あっという間に時間が過ぎました。

 

筋肉痛・・・じゃなくて、筋肉が喜んでいました。

トレーニング終了後はタンパク質の摂取

トレーニング終了後はタンパク質を摂取するために、渋谷に焼肉を食べに行きました。

 

これが店内の様子(音量注意)

 

筋肉をトレーニングで喜ばせた後は、「マッスルマッスル」という声を出しながらお酒と肉を摂取することで、素早く僕たちの血肉となります。摂取効率が上がるので、ぜひとも覚えておいてくださいね。

 

焼肉会では、家がかなり近いエンジニアとも仲良くなったので、今後交流を深めていきたい所存。

 

そして、終了後にこんなツイートをしました。

 

ツイートした通りですが、焼肉で一緒になったリツアンエンジニアの人たちで、転職時に僕のブログを「めちゃめちゃ参考にしましたよ」と言ってくれる方が数名がいました。これは本当に嬉しかったです。

 

このブログでも人の役に立っている・・・その事実は僕の活力となっているので、読んだ方はぜひとも感想を言ってもらえればと思います。

 

まあ主張したいことは、転職の面談時にもっと僕のブログ経由で入ったことを遠慮なく伝えてもいいですよということ。このまま進むと、僕は本当にやりがいで搾取されているエンジニアになってしまいますので。

最後に:筋トレで健康的なエンジニアライフを!

どの職業でも健康なくして幸福な生活を送るのは困難です。今回のトレーニングの目的は、将来の衰えに備えて健康維持、意識のアップデートに及んでいます。

 

情報の技術は日々進化しており、近年ではAIが人間の仕事を奪うなんてことも囁かれていますが、これはますます人が動かなくなることを示唆しています。十分に気をつけていかないとなりません。

 

人間、年を取れば衰えていくのは避けられません。だからこそ、自ら体を動かして健康的な体を維持する努力が不可欠なのです。

 

努力の手段は食事の見直しと筋トレ。多分、誰もが聞いたことある内容です。要は継続できるかどうかです。

イケてる派遣会社「リツアンSTC」
  • エンジニアはいつも仕事が忙しい
  • エンジニアは収入が増えない
  • エンジニアは会社には逆らえない

この考え方は誤っています。エンジニアの給料が低いのは、エンジニアのせいではありません。会社がお金を取りすぎてエンジニアに回ってきていないだけです。

リツアンSTCは、「客先単価×68%」の給料を実現。エンジニアファーストをモットーとし、どこよりも高還元を。収入に悩んでいるエンジニアはぜひご覧ください。