オススメ記事
【リツアンSTC】究極の人たらし、リツアン野中社長の人物像と愛される理由

リツアンSTCでWeb系のエンジニアをやっている、オクダヒロキです。

ここまでリツアンSTCの記事を多数取り上げてきましたが、リツアンSTCの社長って知っていますか? 野中社長と言いまして、たびたび僕のブログで取り上げたり、他のメディアとかでも紹介されているので見たことがある人がいるかもしれません。

で、その野中社長、とにかくみんなに愛されているんです。僕も同じというか、野中社長の考えに共感してリツアンSTCに入ったわけなので、当然慕っているというか尊敬している人です。

周囲にいる人もやっぱり同じような感じで、つまるところ完全に”人たらし”なわけですが、なぜそれ程までに慕われるのか、いつも不思議に思っていたんですよね。ちょっとその理由を考えてみたいなと思って、今回は野中社長に焦点を当てて記事にしてみました。

この記事を読むことで、リツアンSTCの社長像が分かると思います。そしてその情報は転職を考える上でも非常に重要な材料。なぜならば、社長の考えが企業全体の動きに反映されるからです。リツアンSTCに興味ある方は、ぜひともご覧ください。

エントリーする方はこちら▼

リツアンSTC野中社長のあれこれ

まずは、野中社長とリツアンSTCについて情報を整理していきます。

プロフィール

リツアンSTC社長のプロフィール
氏 名:野中 久彰
出身地:静岡県掛川市
年 齢:41歳(2018年10月現在)
ブログ:『ピンハネ屋』と呼ばれて
ホームページでの紹介ページはこちら

ツイッターはこちら。

 

野中社長はエンジニアの大手派遣会社に就職し、やがて営業所長を任されることになります。所長になって見たものは、エンジニアは10数万の給料で頑張っているにも関わらず、派遣会社が30万円~40万円もエンジニアからピンハネをする実態です。

派遣会社で頑張れば頑張るほど、不幸なエンジニアを生みだす構造に嫌気が差した社長はリツアンSTCを設立しました。

設立したのも派遣会社ですが、これまでの派遣会社とは異なり、エンジニアを正当に評価し、エンジニアの給料に還元することに徹底的にこだわっています。

リツアンSTCのマージン率、マージン額
  • ~3年目 :マージン率 32.0%
  • 4年目~ :マージン額 65,000円
  • 11年目~ :マージン額 0円

これは他のリツアンSTCの取材でも語っている内容で、僕自身もよく把握している内容でした。

「橋渡し」を目指す

リツアンSTCが目指すものは2つの「橋渡し」です。この考えが分かる動画が日本の社長.tvになりました。要約すると以下の通りです。

1つ目は派遣社員から正社員への橋渡し。派遣社員が正社員になること、他会社から引き抜かれることを推奨しています。実際にリツアンSTCから派遣で入って、派遣先に引き抜かれる事例も数多くあります。

2つ目は中小企業と大企業を繋げるためへの橋渡し。技術力を持っているけど営業力が弱い中小企業と、リツアンSTCが関係する大企業とを繋ぎ合わせる役割を果たしたいと考えています。

2つ目については、僕もあまり知りませんでした。実現できていればこの取り組みは嬉しいですね。僕が以前いた会社も、営業力が弱くて毎月苦労しているところでしたので、そのような会社にとって営業情報をもらえるのはありがたいわけです。

自社のエンジニアはもちろんのこと、他企業を支援することも視野に入れた考えは、極めて珍しいものです。

リツアンSTC野中社長に会った人からの人物評

リツアン社員からの人物評

野中社長で思い浮かぶイメージは以下の4つです。

野中社長といえば
  • とにかくお酒大好きで基本酔っ払い
  • おもしろいことが好き
  • 常識に縛られない
  • ぶれない信念

    とにかくお酒大好きで基本酔っ払い

    1つ目は何といってもお酒ですね。

    とにかくお酒を飲むのが大好きな方です。酒豪というほどたくさん飲むわけではなく、むしろ酔っ払いやすい方じゃないかな。それでも、いつも飲んでいるというイメージです。

    そして酔っぱらうと、ちょっと何言っているかよく分からない。

    多分、会った人みんながこれは思っているはずです。社員である僕がこんな風に書けているあたり想像できると思うけど、いい意味で社長っぽくない人です。

    社長といえば、会社を優先するが故に嫌われる人も多いじゃないですか。経営者たるもの、厳しい決断をしないといけないし、ときには結構な無茶ぶりをしてくる。

    でも、そんな僕の常識をあっさりと壊してくれました。もしかしたら、営業や事務のメンバーにはスパルタをしているのかもしれ・・・いや想像できないな。

    おもしろいことが好き

    2つ目はおもしろいことが好き。

    常々、「おもしろいことしようよ~」と言っています。酒席で楽しむこともその一つでしょうけど、マージンゼロや一流の人に会える研修も具体化したものなんじゃないかなと想像。

    僕がリツアンSTCの発信を始めた後、こんな会話をしたことがありました。

    僕「リツアンに興味あるけど迷っている人を後押ししたい(キリッ!)。」

    野中社長「いいねー、すぐやろうよ。できるだけ支援するよ。」

    本当に良いと言ったのか、特に何も考えなかったのか分かりませんが、実現性も何もないことを聞いて支援すると発言するあたり、今までにないことを求めているんだろうな。

    常識に縛られない

    3つ目は常識に縛られないこと。

    嘘なのか本当なのかどうか分かりませんが、リツアンSTCの東京オフィス(通称KOMAD)があるんですが、1回も行ったことないとか何とか。あとKOMADの他に、日暮里にも芸大生に提供している謎の建物があるらしいけど、それも行ったことないらしい。

    普通つくる前に見に行くよね? でも、こういったところが野中社長らしさを形成しています。

    ぶれない信念

    4つ目はぶれない信念を持っていることです。僕が以前ツイートした内容です。

    お金を周囲の人や社会に還元して、周囲に人を残すという考えです。これは既に実行しているところがあって、エンジニアに還元することによって、野中社長とリツアンSTCを慕う人がどんどん増えている。今は500人を突破しています。

    ただ、この考えをできるのって純粋にすごいなと思います。人って裏切るじゃないですか。もちろん、裏切らない人もいるんだけど、中にはそういう人もいる。僕が裏切られたことがあるとかではなく、一般論としてね。

    更にはお金は人を狂わすけど、自分には裏切らないという側面もある。それでもお金よりも人を信じるし、ぶれずにやっていけば、人は自ずとついてくるという信念があるんだろうなと考察しています。

    多分、信者はかなり多いと思いますよ。

    イケダハヤトさんからの人物評

    イケハヤさんこと、イケダハヤトさんは野中社長の信者筆頭です。ブログの中でこう評しています。

    • 愛されるダメ人間
    • 不器用
    • すぐ忘れる

    「愛されるダメ人間」と、「単にダメな人」の5つの違い

     

    一部分だけ切り取るとダメっぷりが目立ちますが、中身を読んで頂ければものすごく好意的に評価してくれていますよ。僕の上のツイートにも同調してくれました。

    まだ仮想通貨持ってないの?
    こどもたちへの遺産は、お金ではなく「人」を残したい。 : まだ仮想通貨持ってない...
    http://www.ikedahayato.com/20181003/77144695.html
    ふと思い出したけど、リツアンSTCの野中社長の言葉。「自分の子どもにお金を残すことより、人を残してあげたい。」優しくも、意志がこもったいい言葉だ。野中社長の言葉には人を動かす力がある。 https://t.co/muJlrL1etE— ゆきとし@リツアンSTC Webマーケター(予定)...

    あと、これもイケハヤさんのブログに書かれていたんですが、おもしろいエピソードがありました。

    リツアンの門戸を叩いたエンジニアの方が「実は、エンジニアではなく飲食店経営がやりたいんです」と社長に相談したところ、「じゃあ居酒屋やろう!店長お願い!」と決断したとか……。

    エンジニア派遣会社「リツアン」の野中社長がイーロン・マスク知らなかったので、掛川で講演をしてきました

    僕らが飲み会でするバカ話のようなことを実現しちゃっていますよ。普通、こんなんできます?

    お店のホームページは見当たりませんでしたが、Facebookページはありました。僕もまだ行ったことないので、次に掛川行ったときは連れて行ってもらおう。

    ふんどしやさしいマンさんからの人物評

    「株式会社ふんどし部」の「ふんどしやさしいマン」さん(今は退社済み)ですが、野中社長の誕生日に呼ばれた日のことをブログの記事にしています。

    せっかくなら色々お話を伺いたかったのですが、基本野中社長はへべれけ・べろんべろん・ぐでんぐでんで、

    『いやーふんどし部さんぶちかましてよ!! 本当おもろい!すごい!尊敬! なんかおもろいこと一緒にやりたいっす! グハハハ! そおーゆうーのはあー、ぶちかませばいいんですヨォ!!』

    と、常にこんな調子だったので、文字通り、話になりませんでした。

    基本的に「おもろい」「グハハハ」「ぶちかます!」くらいしか人間の言葉を発していませんでした。トホホ。

     

    安心、安定の野中社長ですw 僕、この記事すごく好きで何回も読み返しています。

    結論:裏表なく素直に生きることが愛される

    野中社長が愛される理由を見つけるため、いろいろと調べてまとめてみました。

    こうしてまとめてみて分かったのは、野中社長の魅力は裏表がないことことなのかなと思います。すごく単純なことなんだけど、これをやり抜くことはなかなか難しいです。大体の人が、人前では全部をさらけ出せないことの方が普通。

    でも、そういったところは見えないし、考えもぶれない。自分をさらけ出して相手の懐に飛び込むことによって、あっという間に人と仲良くなってしまう。理想の社長とはこういう人なんじゃないかなと思います。

    一緒にお酒を酌み交わせばほとんどの人が仲良くなるので、会社に入るとかそんなことは関係なく、お酒が好きな人はとことん会ってほしい人です。

    エントリーする方はこちら▼

    イケてる派遣会社「リツアンSTC」
    • エンジニアはいつも仕事が忙しい
    • エンジニアは収入が増えない
    • エンジニアは会社には逆らえない

    この考え方は誤っています。エンジニアの給料が低いのは、エンジニアのせいではありません。会社がお金を取りすぎてエンジニアに回ってきていないだけです。

    リツアンSTCは、「客先単価×68%」の給料を実現。エンジニアファーストをモットーとし、どこよりも高還元を。収入に悩んでいるエンジニアはぜひご覧ください。

    おすすめの記事