あのトップブロガーにも会える! リツアンSTCは一風変わった研修を用意しています

リツアンSTC

リツアンSTCのPRエンジニアのオクダヒロキです。

ここ1週間くらい、通常の3倍の情熱でリツアンのPR活動に取り組んでいます。さて、リツアンSTCの運営方針の第3弾はリツアンSTCの社員研修に焦点を当てていきます。

<2018年9月からの運営方針に関する記事>

■第1弾

リツアンSTCはマージンをゼロにして社員に還元します
リツアンSTCのPRエンジニアのオクダヒロキです。 エンジニアの皆さんに朗報です。 リツアンSTCがついに・・ エンジニアからのマージンとるのをやめて、ゼロにします。 つまり、あなたの給料がアップしますよ。 「うさんく...

■第2弾

将来はリファラル採用のみ? リツアンSTCはリファラル制度を強化
リツアンSTCに関しては、会社よりも先に情報を横流しする、PRエンジニアの「オクダヒロキ」です。 今回は、2018年9月からの運営方針に関する情報の第2弾になります。 内容はずばり!リファラル制度=「リファラル採用」と「リファラル手...

■第3弾

本記事

■第4弾

みんなで気軽にもぐもぐ手当、リツアンSTCのPR採用手当が変更
リツアンSTCの2018年9月からの運営方針、第4弾は「みんなで気軽にもぐもぐ手当、リツアンSTCのPR採用手当が変更」です。 運営方針に関する記事は、これが最後になる予定です。 <2018年9月からの運営方針に関する記事> ...

リツアンSTCの社員研修

この記事を読んでいるマニアックな方は知っているかもしれませんが、リツアンSTCでは、エンジニアに対する社員教育というものは基本的にありません。元々、転職組が多く、経費を削減して給料を高くしているような会社です。

多くのエンジニアは、無くてもいいやと割り切っていることでしょう。僕も「もらえるものを頂けているなら、仕方ないんじゃないの?」という気持ちです。研修に関しては、特に不満はありませんでした。

ただ、対外的にみたらどうでしょうか。「研修が無い? けしからん!」と考える人もいるだろうし、若手のエンジニアにしてみれば、しっかり教えて欲しいと考える人も多いでしょう。リツアンSTCに一度は入ろうと思ったエンジニアも、研修がないことが理由で入るのをやめた人もいるかもしれません。

この件について、リツアンの野中社長が作ったPDFには「成長の機会に乏しい会社だと位置づけられている」と記されています。確かに、研修は普段の仕事では味わえない刺激を受けることができますからね。日常では気付けないことに触れる機会を失っているのであれば、成長機会を損失していると言われても仕方ないことです。

人と人を繋げる研修

そんなわけでタイトルに戻ってくるわけですが、成長の機会を補うために始めようというのが、社員研修という形でリツアンに関わる一流の方たちと出会える「素敵な機会」を多くつくりますよ、という内容です。

そうなると、「関わる人たちって誰?」という疑問となるわけです。

僕も全貌を知っているわけではありませんが、リツアンの東京の事務所であるKOMADは、東大生のためにも提供している場になります。つまり、KOMADに出入りしている関係者が筆頭であることは間違いありません。

東京大学の英知とリツアンSTCの そこそこの 技術力をもって、社会を変革する何かを生み出す可能性がありますね! 期待大です。

そして、リツアンには関係の深い方がいます。

そう・・・あのブログ会の神ともいわれる、イケダハヤト(通称イケハヤ)さんです。イケハヤさんはリツアンの野中社長と仲が良くて、リツアンを応援してくれている方です。

それ以外にも、下記のブログでもいろんな方々が登場していますので、こういった方々が中心になるだろうと予想しています。

『ピンハネ屋』と呼ばれて
株式会社リツアンSTC 代表取締役 野中久彰
BLOG | リツアンSTC
リツアンBLOGでは、転職活動をするユーザーへのアドバイスや、普段あまり利用することがない特別休暇などの制度について、その他最先端の技術についてのレポート、小さな情報から役に立つ情報まで、様々なコンテンツをご紹介しています。

まとめ

リツアンSTCのちょっと変わった社員研修について書かせてもらいました。

どういった形でこの出会いの場が提供され、どのような効果が出てくるかは分かりません。ただ、社長はよく「おもしろいことをしようよ~」と言っています。これは、そのおもしろいことの一つになるだろうと大きな期待感があります。

僕も可能な限り新しい人と出会い、しびれる程の刺激をもらっていきたいと考えております。

また、僕だけでなく、家族ももっと楽しませていきたい!
そんな思いです。

コメント