リツアンSTC

仕事ではなく、生き方に訴える研修【リツアンSTC】

リツアンSTCのPRエンジニアのオクダヒロキです。

皆さんの会社には、研修ってありますか?

一般的な会社では、新入社員研修であったり、管理者研修であったり、技術的な研修であったりといろいろな研修に参加することになると思います。

通常の業務とは異なる研修は、普段とは異なった環境に身を置き、普段接する人とは異なる人と出会うことが多くなります。良質な刺激を受けられるというメリットがあるので、なるべく参加をしておくのが良いでしょう。

とはいえ、毎日研修を受けられるわけでもないことから、研修を受けた直後は意識が高い状態にあるのですが、そのうち受けたことすら忘れて元通りの生活になっていくわけです。なので、定期的に刺激を受けることが必要

というわけで、今回はリツアンSTCの研修にスポットを当てて、記事を書いていきます。あなたの会社と比べてどんなものか、ぜひともご覧頂ければと思います。

リツアンSTCの社員研修

この記事を読んでいるマニアックな方は知っているかもしれませんが、リツアンSTCでは、エンジニアに対する社員教育というものは基本的にありません。元々、転職組が多く、経費を削減して給料を高くしているような会社です。

多くのエンジニアは、無くてもいいやと割り切っていることでしょう。僕も「もらえるものを頂けているなら、仕方ないんじゃないの?」という気持ちです。研修に関しては、特に不満はありませんでした。

ただ、対外的にみたらどうでしょうか。

「研修が無い? けしからん!」と考える人もいるだろうし、若手のエンジニアにしてみれば、しっかり教えて欲しいと考える人も多いでしょう。リツアンSTCに一度は入ろうと思ったエンジニアも、研修がないことが理由で入るのをやめた人もいるかもしれません。

この件について、リツアンの野中社長からは「リツアンは成長の機会に乏しい会社だと位置づけられている」という話がありました。

確かに、研修は普段の仕事では味わえない刺激を受けることができますからね。日常では気付けないことに触れる機会を失っているのであれば、成長機会を損失していると言われても仕方ないことです。

人と人を繋げる研修

わらび
わらび
えっ、じゃあリツアンでは成長できないの?

という話になってくるわけですが、成長の機会を補うために始まったのが、一流の方たちと出会える研修。一流を目の当たりにして、自分たちに活かそうという考えです。

ラックス
ラックス
一流って誰?

ごもっともな疑問ですが、以下の方々が該当します。

  • 箕輪康介さん(幻冬舎 編集者)
  • イケダハヤトさん(ブロガー、YouTuber)
  • 木許裕介さん(指揮者)
  • ふんどし部
  • KOMADに携わる関係者(東京大学、東京藝術大学)

既にイベントも開催された通り、知名度の高い箕輪さんやイケハヤさんとは、今後も協力していくことになるでしょう。

また、リツアンの東京事務所は、学生のためのコワーキングスペースKOMADが同居しています。つまり、KOMADに出入りしている関係者が活躍してくれるのでは。

東京大学の英知とリツアンSTCの そこそこの 技術力をもって、社会を変革する何かを生み出す可能性がありますね! 期待大です。

過去の研修

過去にはこんなこともありました。興味があったら、ぜひ読んでもらえたらと思います。

リツアン副業セミナー
イケハヤさん講師 リツアンSTCのエンジニア向けに副業セミナーを実施リツアンSTCでWeb系のエンジニアをやっている、オクダヒロキです。 正にタイトル通りなのですが、先日、以下のようにTwitter...
一流指揮者「木許裕介」さんとリツアン二流エンジニアが福井で出会った話リツアンSTCでエンジニア+PRまがいのことを手がけている、オクダヒロキです。 世の中には「一流」と呼ばれる人が数多くいます。僕は...

 

★下記は他のリツアンエンジニアのブログです。

今後の予定

株式会社ふんどし部の星野代表取締役にご協力頂き、2019/4/20に健康管理トレーニングが予定されています。下記はリツアンエンジニア向けのメールの引用です。

ふんどし部が直接指導!エンジニアのための健康管理トレーニング!を開催いた します!
チームラボをはじめ新進企業への導入、エンジニアやコンサルなど、
専門職の身体トレーニングのプロフェッショナルで知られる、ふんどし部 代表 取締役 星野氏(東京大学・筋生理学修士)のプログラムによる、身体面、精神 面における健康管理について、理論と実践の双方から学び、体験していただきます!

運動不足の僕にはぴったりの研修です。これでムッキムキになって帰ってきますw

最後に:リツアンの研修はおもしろい

リツアンSTCの研修に対する考え方と、過去に起こったことについて書かせてもらいました。

仕事に直結する研修が実施されているかというと、そんなことはありません。ただ、今後の生き方に対してアプローチしてくる内容になってきます。

社長はよく「おもしろいことをしようよ~」と言っています。確かにおもしろい研修が開催されています。そして、それを継続していくことになるでしょう。

イベントの企画は、事務・営業の方がやってくれるので、本当に頭が上がらないですね。

そして、僕も可能な限り新しい人と出会い、多数の刺激をもらっていきたいと考えております。また、僕だけでなく、家族ももっと楽しませることができたら最高だな~と考えています。

いずれにせよ、今後にも期待しています!

ABOUT ME
オクダヒロキ
Web系のシステムエンジニア、プログラマー。 九州のソフトウェア開発会社に約10年在籍し、中間管理職へ。そこそこの出世コースを歩むも、生き方を変えるためにリツアンSTCへ転職。 エンジニアの後押しをする思いから、2018年4月より当ブログ「ビジロガー」を開始。 お気軽にご連絡ください。 詳しいプロフィールはこちらから。 お問い合わせは、TwitterのDMもしくはお問い合わせページからお願いします。
リツアンSTC
  • エンジニアはいつも仕事が忙しい
  • エンジニアは収入が大してもらえない
  • エンジニアは会社には逆らえない

この考え方は誤っています。エンジニアの給料が低いのは、エンジニアのせいではありません。会社がお金を取りすぎてエンジニアに回ってきていないだけです。

リツアンSTCは、「客先単価×68%」の給料を実現。エンジニアファーストをモットーとし、どこよりも高還元を目指します。収入に悩んでいるエンジニアはぜひご覧ください。

リツアンSTCについて調べる