オススメ記事
リツアンSTC 福利厚生

オクダヒロキ
リツアンSTCでプログラマをやっている、オクダヒロキです。

「リツアンSTCってどんな福利厚生あるの?」
「手当のことをもっと知りたい。」

今回は上記の悩みを解決する記事です。

就職や転職をするときに際に参考に材料として福利厚生があります。特に大企業ともなると福利厚生が非常に手厚くなるので、人によっては給料と同等くらい重視していることでしょう。

それだけ重要な福利厚生とあれば、これは当然リツアンSTCへの転職を検討している人にもぜひとも知っておきたい内容ですよね。

というわけで、今回はリツアンSTCの福利厚生についてまとめてみました。リツアンに興味のある方はぜひともご覧ください。

リツアンに早速エントリーする方はこちらから▼

リツアンSTCの福利厚生

早速リツアンSTCの福利厚生の内容を紹介します。

項目 内容
通勤手当 上限 15,000円
時間外手当 契約内で100%支給(※1)
紹介管理手当
(リファラル手当)
紹介者1人につき5,000円(毎月)
紹介者1人につき100,000円(1回のみ)
(※2)
資格取得手当 受験費用を一部補助
・受験費用が10万円未満:半額支給
・受験費用が10万円以上:一律5万円
※入社13ヶ月目以降で使用可能
※プロ契約及び有期雇用契約は対象外
赴任手当 業務事情により物件契約が必要な場合に費用を一部負担。
上限15万円。政令指定都市の場合は上限18万円。
引越手当 業務事情による引越しにかかった費用を一部負担
・片道移動距離150Km未満:15,000円
・片道移動距離150Km以上250Km未満:30,000円
・片道移動距離250Km:50,000円※家族持ちの場合は+5000円
もぐもぐ手当 ・1回につき1人5000円
・同一人物につき年2回まで
有給休暇 ・入社後6ケ月以上継続して勤務し、会社の定める所定労働日数の8割以上を出勤した場合、10日間の付与
・以降1年ごとに付与される
特別休暇 ・本人の結婚:3日
・子の結婚:1日
・配偶者の出産:2日
・配偶者の死亡:5日・本人の父母、子の死亡:3日
・本人の祖父母、兄弟姉妹、配偶者の父母、祖父母の死亡:1日
育児休暇 あり
介護休暇 あり
厚生年金 加入
健康保険 協会けんぽに加入
・健康診断1年に1回
・費用は上限8,000円まで会社負担。
雇用保険 加入
単身寮/家族寮 ・初期費用無しで入れる物件がいくつかあり。
・負担は居住者が100%負担。
・社宅扱いではない。
待機時の扱い 基本給の60%を支給

以降は補足事項を書いておきます。

時間外手当:契約内で100%支給について(※1)

派遣契約は時給契約が多いのですが、ITエンジニアに関していえば枠精算の方式を採用していることが多いです。

例えば1ヶ月の稼働時間を140時間~180時間と定められた場合、残業代がつくのは180時間を超過した場合に限られます。

こう書くと残業しても損すると考えてしまいますよね。実際その通りですがメリットも当然あります。140時間まではマイナスにならないので、有給休暇を消費せずに休むことも可能ということです。

つまり、すぐに残業にならず、すぐにマイナスにならないようにする方式ですね。月額をなるべく固定化させるため、うまいことバランスを取った仕組みなのです。

リファラル手当について(※2)

リツアンはエンジニアがエンジニアを紹介したくなるよう、リファラル手当に力を入れています。リファラル手当については以下の記事を参考にしてください。

資格取得手当

リツアンの中では比較的マイナーな部類に入るのが資格取得手当です。社員でも大部分の人が知らないんじゃないかな。

この記事を書いている時点で僕はリツアンに丸二年在籍しているのですが、資格取得手当については最近初めて知りましたw

エンジニアも営業も事務も、みんな資格に興味なかったのが興味深い。リツアンの人々はお金の話大好きなんだけどね。資格にはさほど興味なかった模様。

待機時の扱い

参画する案件が決まらずに待機状態になってしまった場合は基本給の60%が支給されます。

当然の話ですが、現場に入る意思があったにも関わらず、受け入れてくれる現場が見つからなかった状態に限ります。しばらく休みたいからなんて理由はNGです。

また、どう頑張っても程遠い条件、例えば今までテスターの経験しかないのに、単価100万円以上のプログラム案件探せと言われても、そりゃ無理な話で待機の対象にはなりません。

最後に:リツアンSTCは最小限の福利厚生だが一部ユニークな制度

リツアンSTCの福利厚生をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。思ったよりも少ないなというのが正直な感想じゃないでしょうか。

それもそのはず、リツアンでは一般的な企業では当たり前の扶養手当や住宅手当も存在しません。そのくらい最小限の内容に絞っています。まあ、その分基本給に振り切って支給しているからなんですが。

ただし大きな特徴としては、リファラル手当やもぐもぐ手当を用意しています。これにより、エンジニアがエンジニアを呼びやすくするための仕組みを作っているのです。

更には、会社が社員が主催する飲み会は無料で参加できるし。営業と一緒に飲みに行けば基本奢ってくれますよ。

会社の本分は仕事なので、福利厚生はあくまでも副次的なものですが、転職を考える上での一つの参考情報となります。これらの情報を踏まえて、じっくりと検討してもらえたと思います。

リツアンにエントリーする方はこちらから▼

リツアンSTCの仕組み