オススメ記事
【リツアンSTC】リファラル採用を推進! エントリーは厳しくする方向へ

リツアンSTCに関しては、会社よりも先に情報を横流しする、PRエンジニアの「オクダヒロキ」です。

皆さんの会社には、リファラル採用、リファラル手当はありますか? まあ、会社に人を紹介することは少なからずあるかもしれませんが、入ることによって手当がもらえる制度は全ての会社が採用しているわけではありません。

ちなみに、僕が所属するリツアンSTCはリファラル採用を推進し、リファラル手当を支給しています。そして、紹介を強化し、逆に紹介以外からは入りにくい制度を採用しています。

これにより、エンジニアから良質な人材が紹介され、会社にとって好循環を巻き起こります。ではなぜそんなことが起こるのか? について記事にまとめてみました。

リツアンSTCにエントリーする方はこちら▼

リツアンSTCがリファラル手当を払う理由

リツアンがリファラル手当を支給するのはなぜでしょうか? 2つの大きなメリットがあるからです。

リファラル手当を支給する理由
  • 費用対効果が上がる
  • 入る人の質が上がる

    費用対効果が上がる

    大手の転職サイトに広告を掲載すると、広告サイズにもよりますが、毎月100万円前後の費用がかかります。

    もちろん、たくさんの人に見られるという効果はあるので、その価値もなきにしもあらずでしょうが、星の数ほど存在する企業の中から選ばれる可能性はかなり低いと言っても良いでしょう。

    ならば、その広告にこれだけの費用をかけるのは非常にもったいないです。それよりも、エンジニアに還元しようよ~というのが、うちの社長の考え。エンジニアに手当を出せば、自主的にリツアンSTCを紹介する動きが出てきます。

    つまり、エンジニアが広告塔+営業になってくれるというわけです。完全に掌の上で踊らされているわけなんですよね。僕がその筆頭でもあるんですがw

    もちろん、PR時にはもぐもぐ手当が使用される機会が増加するので、会社としては多少の費用はかかります。ただ、直接会って話している分、紹介された方へのPR効果は高くなりますし、広告よりは費用もぐっと抑えることができます。

    入る人の質が上がる

    当たり前の話ですが、紹介する側は嫌な人を紹介したいとは思いません。「紹介したい!」と思える人を連れてきます。

    つまり、紹介者側で一定のフィルタをかけることになり、一次面接的な役割を果たしていることになります。初めて会う営業がこのフィルタをかけるのは、時間と手間がかかるため、削減できるのは大きなメリットです。

    「一回会ったくらいで、その人の全てが分かるわけないだろ。」
    「それで変な人連れてくるなと言われても困るんだけど。」
    という、殺伐とした人事の日々の嘆きが少なくなるので、とても良いことです!

    そして、紹介された人は、紹介されたことを意気に感じますよね。入社後の仕事の質にも期待ができるってわけですよ。

    リツアンSTCはエントリーのハードルを上げた

    リツアンSTCですが、ゆくゆくはリファラル採用のみで人を増やしていくという構想があります。その一環として、今まで簡単にできたエントリー画面に対し、入力項目を増やし、わざと時間をかけるようにしています。

    理由は入社を希望する人が非常に多く、時間を取られるからです。実際、2018年9月~2019年8月の増員数は116名にも上ります。

    リファラルもエントリーも実際はこれ以上の数が発生するので、営業が採用にかける時間は計り知れないものになります。でも、高還元を維持するためには営業の工数を極力削減しなければならない。

    となれば、良い人材が集まりやすい、いわば濃い関係のリファラルをメインに添えて、ホームページやブログからの薄い関係の人は多少切りにいった方が良いと判断したのでしょう。

    「入る人が少なくならないかな?」という懸念はあります。でも、リツアンは既に全部で650名ほどの会社になり、規模が非常に大きくなりました。人が増えるのは嬉しいけども、組織が大きくなりすぎるのはそれはそれで困るもの。

    人を抑え気味にしていくのは、ある意味理に適っている行動ですね。

    ちなみに、エンジニアからの紹介であれば、このエントリーはスキップできます。素早く営業に辿り着きたいのであれば、リツアン社員と知り合いになって、営業を紹介してもらうのが一番良い手となるでしょう。

    リファラル採用のみの制度はブランディングにもなる

    現在はリファラル採用とエントリーを併用していますが、本当にリファラル採用のみになるのかと考えたところ、これは大いにありうるなと。

    例えば、SNSの「mixi」って今は誰でも使えますが、昔は紹介制だったの覚えていますか?

    紹介制であったとき、中が見えない分、どうしても入りたいという気持ちが強くありませんでしたか? 僕はそうでした。つまり入れない状況の方が、周囲の人は入りたい気持ちが強くなるのではないかと予想しています。

    この制度をうまく発信して、リツアンは紹介のみでしか入れない、一部の特権的な会社の位置付けでブランディングしていけば、良い効果が出る可能性が高そうですね。もちろん実態が大事なのは言うまでもないですが。

    いつ発動するかは分かりませんが、エントリーのハードルを上げたことからも、この施策は数年後には起きると考えています。

    最後に:リツアンはリファラルを徹底的に推進

    リツアンSTCはリファラル採用を推進し、採用された際には紹介者にリファラル手当が支給されます。

    リツアンSTCのエンジニア向けの内容であるのは確かですが、実際はそれだけではありません。手当で得た報酬は、紹介者と紹介された方が一緒になって使い、今後の活力にしていくべきものだと思います。

    採用された場合は紹介者が100,000円もらえるので、紹介された人と一緒においしいものでも食べに行ったらどうでしょう! 僕経由で入ってくれた場合も3万円は還元しますよ。エントリーお待ちしています。

    リツアンSTCにエントリーする方はこちら▼

    関連キーワード
    リツアンSTCの仕組み