オススメ記事
【リツアンSTC】仕事ではなく生き方に訴える研修~人と人とを繋げる

リツアンSTCのPRエンジニアのオクダヒロキです。

皆さんの会社には、研修ってありますか?

一般的な会社では、新入社員研修であったり、管理者研修であったり、技術的な研修であったりといろいろな研修に参加することになると思います。

通常の業務とは異なる研修は、普段とは異なった環境に身を置き、普段接する人とは異なる人と出会うことが多くなります。良質な刺激を受けられるというメリットがあるので、なるべく参加をしておくのが良いでしょう。

とはいえ、研修を受けた直後は意識が高い状態にあるのですが、毎日研修を受けられるわけでもないことから、そのうち受けたことすら忘れて元通りの生活になっていくわけです。なので、定期的に刺激を受けることが必要

というわけで、今回はリツアンSTCの研修にスポットを当てて、記事を書いていきます。あなたの会社と比べてどんなものか、ぜひともご覧頂ければと思います。

リツアンSTCは成長の機会に乏しかった

この記事を読んでいるマニアックな方は知っているかもしれませんが、リツアンSTCでは、エンジニアに対する社員教育というものは基本的にありません。元々、転職組が多く、経費を削減して給料を高くしているような会社です。

多くのエンジニアは、無くてもいいやと割り切っていることでしょう。僕も「もらえるものを頂けているなら、仕方ないんじゃないの?」という気持ちです。研修に関しては、特に不満はありませんでした。

ただ、対外的にみたらどうでしょうか。

「研修が無い? けしからん!」と考える人もいるだろうし、若手のエンジニアにしてみれば、しっかり教えて欲しいと考える人も多いでしょう。リツアンSTCに一度は入ろうと思ったエンジニアも、研修がないことが理由で入るのをやめた人もいるかもしれません。

この件について、リツアンの野中社長からは「リツアンは成長の機会に乏しい会社だと位置づけられている」という話がありました。

確かに、研修は普段の仕事では味わえない刺激を受けることができますからね。日常では気付けないことに触れる機会を失っているのであれば、成長機会を損失していると言われても仕方ないことです。

リツアンSTCは人と人を繋げる研修を実施

えっ、じゃあリツアンでは成長できないの?

という話になってくるわけですが、成長の機会を補うために始まったのが、一流の方たちと出会える研修。一流を目の当たりにして、自分たちに活かそうという考えです。

一流って誰?

ごもっともな疑問ですが、以下の方々が該当します。

リツアンSTCに関わる一流の人々
  • 箕輪康介さん(幻冬舎 編集者)
  • イケダハヤトさん(ブロガー、YouTuber)
  • 木許裕介さん(指揮者)
  • ふんどし部
  • KOMADに携わる関係者(東京大学、東京藝術大学)

既にイベントも開催された通り、知名度の高い箕輪さんやイケハヤさんとは、今後も協力していくことになるでしょう。

また、リツアンの東京事務所は、学生のためのコワーキングスペースKOMADが同居しています。つまり、KOMADに出入りしている関係者が活躍してくれるのでは。

東京大学の英知とリツアンSTCの そこそこの 技術力をもって、社会を変革する何かを生み出す可能性がありますね! 期待大です。

リツアンSTCで実施した過去の研修や出来事

過去にはこんなこともありました。興味があったら、ぜひ読んでもらえたらと思います。僕が参加していないイベントもあるので、これ以外にもありますよ。

★下記は他のリツアンエンジニアのブログです。

最後に:リツアンの研修はおもしろい

リツアンSTCの研修に対する考え方と、過去に起こったことについて書かせてもらいました。

仕事に直結する研修が実施されているかというと、そんなことはありません。なので、業務知識を習得したり、スキルアップを目指すというのには向いていません。

ただし、今後の生き方に対してアプローチする内容になってきます。リツアンの社長はよく「おもしろいことをしようよ~」と言っています。大人になっても、子供のようにワクワクする心を忘れず、みんなと楽しむということを体現しています。

確かにおもしろい研修が開催されています。全ての人に合うとはいいませんが、最近刺激が不足していると感じる人や、人と何かをすることが楽しい人は、それだけでも参加してみる価値があります。

そして、リツアンはこの研修を継続していくことになるでしょう。イベントの企画は、事務・営業の方がやってくれるので、本当に頭が上がらないですね。

そして、僕も可能な限り新しい人と出会い、数多くの刺激をもらっていきたいと考えております。さらに欲を言えば、僕だけでなく家族ももっと楽しませることができたら最高だな~と考えています。

いずれにせよ、今後にも期待できると思いますよ。もし研修に参加してみたい方がいれば、僕や近くのエンジニアに連絡を取ってみてください。

リツアンSTCの仕組み