オススメ記事
リツアンSTC デメリット トラブル

リツアンSTCでWeb系のエンジニアをやっている、「ひろ」です。

僕はリツアンの良い所に着目して記事を書いていますが、読者からは正直うさんくささを感じている人が多いだろうと思います。僕も外部から見たらそう思う。

「こいつ、絶対金もらってやってるだろう。」と思われること必至ですが、残念ながらもらっていません。一応リツアンにはリファラル紹介制度というのがあるので、それを期待した発信をしています。

かといって、嘘を並べてないことを主張すべく、今回はリツアンのデメリットやトラブルに焦点を当てて発信します。

こんなことを発信するとリツアンに来る人が少なくなるとかいわれそうですが、事実は事実として知っておいた方が良いですよね。逆にリツアンに興味を抱いている人や、営業や事務の方の気付きになってくれればと思っています。

リツアンSTCにエントリーする方はこちら▼

リツアンSTCのデメリット

リツアンのデメリットは以下が挙げられます。

リツアンSTCのデメリット
  • エンジニアには仕事場を提供するのみ
  • 教育制度がない
  • エンジニアの組織が曖昧

リツアンSTCはエンジニアに仕事場を提供するのみ

リツアンは仕事場を提供することに特化しています。社員は2019年1月現在で、500名を突破していることもあり、営業力はそれなりにあって、仕事を安定的にもらえる状態にはなっているでしょう。

ただ、いわゆる自社開発と呼ばれる環境での作業はありません。東京オフィスで一名だけ請負作業をされているエンジニアがいますが、これは例外中の例外。基本は派遣です。

これは人材派遣会社の共通の問題であり、リツアンだけのデメリットではありませんが、社内SEなどの自社内のエンジニアを目指している人には完全に向いていない環境といえます。

将来的には受託開発をする構想もあるようですが、まだ実現していません。社員数だけを考えれば特大案件を受注しても遂行できる可能性はありますが、現在のスタンスではまだまだ遠い未来の話ですね。

リツアンSTCは教育制度がほぼない

1年目~3年目のエンジニアについては、eラーニングによる研修が存在します。さらに、4年目以降は、eラーニングを受けるのは任意です。

リツアンはエンジニアへの還元を高いものにする必要があることから、他に充てる費用や時間を削る必要があります。なので、採用する人を経験者に絞って、教育を削るという選択をしています。

ITエンジニアで未経験者の採用に踏み切れない要因は、こういったところですね。このような環境下で未経験者がいきなり現場に放り出されても、エンジニア側の方も困るでしょう。大抵は不幸な結果が待ち受けています。

クライアントの器がめちゃくちゃ大きければ別ですが、そんなところはまず無い。それならば、初めから未経験者枠をなくすことによって、リスク回避を行っているということです。

リツアンSTCはエンジニアの組織が曖昧

リツアンはエンジニアの組織が曖昧で、自分がどこに所属しているのかよく分かりません。自分の名刺を見ても分かりません。

ついでに上司は・・・専務とか社長くらいかな。エンジニア枠には上司はいませんね。これはある意味メリットかもしれませんがw

派遣のエンジニアはお客様の組織の人間に近い存在です。内部の組織は業務に何も関係ないので、社内の組織はあってもなくても特に問題はないけどね。

リツアンSTC入社前後のトラブル

ここからは、僕がリツアンに入社する前後に起こったトラブルを少し書いていきます。重大ってわけじゃないけど、重要な内容です。

もしかしてだけど、忘れていたんじゃないか疑惑

リツアンへの入社が決まり、関東での家も決め、引越し準備をしていたときです。

引っ越す2~3日前だったと思いますが、客先との受入とかの段取りが知らされていなかったので、どんな日程、流れになるかを営業に確認しました。ただ、どうもはっきり決まっておらず、「調整します」との返答。

もしかしてだけど、もしかしてだけど、僕が入社すること忘れてたんじゃないか・・・

 

僕はお客様の連絡先は知らないので営業に頑張ってもらうしかありません。若干不安に感じながらも、僕は僕の準備に専念していました。

引っ越した当日に急遽打合せが組まれる

僕は当時長崎に住んでいたこともあり、関東への移動は2日かけて行いました。

僕の引越しの移動過程
・長崎→門司(福岡) : 車
・門司(福岡)→大阪 : フェリー
・大阪→千葉 ; 車

で、大阪→千葉への移動を開始した日に、客先との面談がその日の夜に急遽組まれました。移動当日で慣れない道を車で移動して疲れているし、ちょっと風邪気味だったので別の日にしてもらいたかった・・・

と思いつつ、また待たされるのも嫌だし、早く終わらせたいので何とか行きましたよ。しかも、営業なしで僕一人ですよ。

今でこそリツアンがエンジニアに任せていくスタンスは理解しています。現在の僕であれば、ここ行ってと言われたら一人でも行けます。

ただ、入社前の僕は違います。そりゃそうだ。この頃はリツアンの人と話した回数も数えるくらいです。文化なんて分かるはずがない。

また、前の会社がそうだったこともあって、現場に入るまでは営業や周囲のリーダーがしっかりフォローするものと考えていたので、この塩対応はちょっと理解できませんでした。

業務開始がずれ込む

上記の面談終了後の話。現場の受入が間に合わないとの連絡があり、最終的には現場に入るのが6営業日ほど遅れました

僕は引っ越してから現場を決めたのではなく、その2ヶ月程前に決定した状態で引っ越しています。リツアンへも客先へも、入社月の初日から勤務OKということも伝えていました。

にも関わらずです。ただし、これはリツアンだけの問題ではありません。客先あってこその派遣会社リツアンです。お客様が準備できていないならそれに従うしかありません。

で、入るのが遅れるだけならいいですが、働いていないので給料も減額。

当時は入社前後で無用なトラブルを避けたかったし、6営業日の減額が3営業日の減額に変わったので取り敢えず何も言わなかったけど、本来は減額を僕が負担する話ではないですよね。僕自身は不手際は無かったしね。

これですが、待機分の給料が適用されたというわけではなく、純粋にお金を貰えていない日が3日間あるってことです。この件は、今後はあってはならないことなので、ぜひとも注意してほしいですね。

結論:リツアンSTCでは自ら情報を要求することを推奨

今回はリツアンのデメリットやトラブルについて書きました。信頼性の確保といった点でも、こういったことも発信していくつもりです。

そして、リツアンでやっていく中で気を付けるべきことは、自分から情報を取得することに遠慮しないことです。既に働いているエンジニアも、これから応募しようとする人も同様です。

営業、事務の人は相当忙しいです。10人程度で500人以上の管理をしないといけないし、新規のクライアント、エンジニアとの調整もしないといけない。エンジニアより断然忙しいです。

だからこそ、エンジニア側は待ちの姿勢ではなく、攻めの姿勢で過ごしていく必要があります。それが結果的に、エンジニアも営業、事務側もスムーズに仕事ができることに繋がるからです。

逆に営業、事務の方は、エンジニアに思うところはあるでしょう。お互いに良い環境を作りだせるよう協力していきたいですね。

リツアンSTCにエントリーする方はこちら▼

関連キーワード
搾取しないエンジニア派遣会社「リツアンSTC」
  • エンジニアはいつも仕事が忙しい
  • エンジニアは収入が増えない
  • エンジニアは会社には逆らえない

この考え方は誤っています。エンジニアの給料が低いのはエンジニアのせいではありません。会社がお金を取りすぎてエンジニアに回ってきていないだけです。

リツアンSTCは「客先単価×68%」の給料を実現。エンジニアファーストをモットーとし、エンジニアに高く還元します。収入に悩んでいるエンジニアはぜひご覧ください。