派遣エンジニアからフリーランスエンジニアへ? フリーランスの実態&エージェントサイトを調査

オススメ

リツアンSTCで派遣エンジニアをやっている、オクダヒロキです。

 

最近はフリーランスエンジニアが注目されていますよね。

フリーランスエンジニア、とりわけWeb系のプログラマになれば、月収50万円は最低ラインくらいの勢い。

首都圏の相場は60万円~80万円くらいとなってきています。

もちろん一人でガンガンやっていける人じゃないと厳しいところはあると思うけど、これほどの高単価をもらえるのは本当に良い世の中になってきたなと思います。

 

で、そんな僕も漏れなく、フリーランスエンジニアに興味津々です。

というのも、僕は「人生逃げ切りサロン」というオンラインサロンに参加しているのですが、こちらのメンバーの”とだこうき”さんが実務1年でフリーランスに転身し、年収を4倍に上げてバリバリこなしているという経歴に魅力と可能性を感じたからなんですよ。

フリーランス、世界がほんと違うわ。

 

じゃあ、フリーランスになる第一歩は?

結論から先に言うと、フリーランスエンジニアのエージェントサイトに登録し、エージェントに案件を探してもらうことですね。

中間マージンを取られますが、仕事取ってきてくれるなら正当な報酬として支払うべきでしょう。

 

リツアンもいいけどフリーランスもという具合に迷っているところですが、今回はフリーランスエンジニアの実態と、各サイトについてまとめてみました。

僕自身はまだフリーランスではありませんが、調査した内容をもっていろいろ考えていきます。

 

フリーランスになると実際どんな感じ?

まずは、僕がブログやツイッターを通して知っているフリーランスエンジニアの方がどのような生活をしているのかを探っていきます。

 

“とだこうき”さんは実務経験1年でフリーランスに転身

一人は冒頭にも出ました、とだこうきさん。

 

経歴を簡単にまとめると、元は営業をやっていたもの独学でWeb系のエンジニアへ転身。

さらに驚くべきことは、実務経験1年でフリーランスエンジニアになったということです。

スキルがない人こそ、フリーランスになっていろんな現場回ってスキルを身につけようという考えを持っていて、その言葉通り、今ではリードエンジニアにまで成長しています。

 

現在は週3フルリモート勤務、1年で月収は4倍(おそらく80万~100万くらい)になるという、エンジニアの憧れを全て叶えているような生活をしている模様。

ブログでも月30万円ほど稼いでいるとのこと。

 

ツイッターではなかなか大人なツイートもあって楽しませてくれます。

元ネタのブログはこちらにありますよ▼

20代の元営業エンジニアが実務経験1年でフリーランスになっちゃった理由|未経験からエンジニアに転職してもいいじゃない
こんにちは、フリーランスエンジニアのとだ(cohki0305)です。 僕は新卒で入社した会社で営業やっていたの

 

“やまもとりゅうけん”さんは複数のスモールビジネスで年収3000万目前

もう一人は、僕が参加する人生逃げ切りサロンの主のやまもとりゅうけんさん。

 

Sierを7ヶ月で辞めるというスピード退職を敢行。

派遣エンジニアを2年ほど経験してからフリーランスエンジニアに転身しています。

途中、ネットワークビジネスもやっているという、濃い人生を送っている方です。

 

Youtube、サロン運営、ブログ、エンジニアなど複数のビジネスを並行で実行し、年収3000万円を達成するくらいになっています。

現在はYoutubeを主な戦場としており、エンジニア卒業?という状態ですが、フリーランスエンジニアになって2015年からブログ発信を始めたことで、エンジニア&ブロガーという位置付けでは代表格といっても過言ではないでしょう。

 

僕が所属するリツアンSTCにも、「りゅうけんさんのブログを見て入りました!」という人もいますね。

 

ブログはこちらから▼

RYUKEN OFFICIAL BLOG
人生逃げ切り方を研究するフリーランスエンジニア、やまもとりゅうけんの公式的見解。

 

フリーランスエンジニアになるにはエージェントサイトへ登録

最初にも書きましたが、フリーランスエンジニアになるにはエージェントサイトに登録するのが近道です。

というか、しょっぱなはこれしかないというのが正解でしょう。

 

自分で仕事を引っ張ってこれるなら別にいいですが、安定的に案件を獲得する労力は並大抵のものではありません。

ここは素直にプロに任せて、自分たちはエンジニアの仕事に集中するのが得策です。

案件の調査、単価交渉など、営業面の面倒なことはエージェントがやってくれるので、マージンのデメリットを考慮してもメリットの方が勝るでしょう。

 

では、調査したエージェントのサイトを3つ挙げておきます。

(随時追加予定です)

各サービスごとに強みが異なるので、複数のサイトに登録して万全の準備をしておくのが得策です。

 

保証制度が充実している”Midworks”

MidWorksは、IT/Web系フリーランスの独立支援サービスです。

ITエンジニアやWebデザイナーの収入を最大に、リスクを最小に抑えて、案件の紹介から、企業との交渉、契約までをエージェントがフルサポートします。

 

びっくりするのが、正社員にも引けを取らないほどの保証制度。

代表的なものが以下の3つです。

  • 給与保証制度
    案件を受注できなくても、スキルがMidworksの査定と合えば給与を保証
  • 保険の半額負担
    各種保険をMidworksが半額支払うことで、正社員のいわゆる労使折半と同様の保証を実現
  • 必要経費支援
    書籍・勉強会費用を月1万円、交通費も3万円まで保証

 

すごくないですか?

フリーランスになるハードルがぐんぐん下がってくることを感じますね。

気になる方はこちらから登録しておきましょう▼

 

 

案件数が充実している”フォスターフリーランス”

フォスターフリーランスは、1996年のサービス開始以降、15,000人を超えるITエンジニアに案件を紹介してきた老舗のエージェント企業です。

案件数は常時5000件、その内4000件近くは非公開案件となっており、エンジニアに合った案件を多く紹介できるのが魅力的です。

もっと公開してもいいんじゃないかという思いは若干あるものの、これだけの数は類を見ないものですね。

 

気になる方はこちらから登録しておきましょう▼

 

老舗の”レバテックフリーランス”

レバテックフリーランスは老舗のフリーランスエージェントです。

案件数は常時1,100件以上、年間案件紹介数81,396件、月間新規案件数400件以上と非常に信頼されていることがうかがえます。

さらには単価も高く、サポート体制も厚い。

エンジニアにとって安心できる環境ですね。

 

気になる方はこちらから登録しておきましょう▼

 

関連サービスとして、転職エージェントのレバテックキャリアも用意しているので、転職の相談をしたい場合はこちらもオススメなサービスですね。

 

最後に:フリーランスエンジニアになるのは今が最適か

フリーランスエンジニアについて、僕が知っている人の実態とエージェントサイトについてまとめてみました。

フリーランスは営業が大変といいますが、エージェント制度がしっかり整備されているエンジニアは通常の会社員と変わらないペースで働くことができます

 

また、今は人材不足でITエンジニアの単価は高く設定されています

この好景気こそ、フリーランスエンジニアになるにはもってこいというのは間違いありません。

そして、フリーランスになったで安心するのではなく、収入がエンジニアだけというリスクを回避すべく、フリーランスになって増えた時間を使って、別の収入を上げるための仕掛け作りに投入することが必要でしょう。

だからこそ、僕もフリーランスの情報を集めているところです。

 

どのサイトもまずは相談からOKなので、気になる方はお話を聞いて情報を収集しにいきましょう。

 

今回紹介したエージェントサイトはこちら。

  1. MidWorks
  2. フォスターフリーランス
  3. レバテックフリーランス & レバテックキャリア

 

コメント