オススメ記事
東京インターンUP to 29

千葉に住みながら東京で働いているオクダヒロキです。

日本では新卒もしくは第二新卒で就職できなかった、あるいはすぐに退職してしまった場合、その後の人生で大きくつまずく時代が長く続いていました。

近年は転職のネガティブなイメージが少なくなり、中途入社も容易になっているものの、あくまても正社員の経験がある人に限られています。

そもそも会社選びを少し間違ったくらいで、その後のやり直しがきかないのは納得いかない思いはありましたが、これまではそれに対処する術は皆無でした。

ところが今は違います。しかるべき時期に就職できなかったり、適切と言われるタイミングよりも退職が早かったとしても再挑戦することができます。その一つが今回紹介する「TOKYOインターンUP to 29」です。

現在は就職していないけど就職を希望する20代の方はぜひともご覧ください。

早速登録する方はこちらから▼

TOKYOインターンUP to 29とは?

 「TOKYOインターンUP to 29」は、約20日間の就業体験を通して正社員就職を目指す東京都の事業です。この事業の参加条件は以下の通り。

TOKYOインターンUP to 29の参加条件
  • 29歳以下の求職者
  • 就職したことがない方
  • アルバイト、派遣、契約社員など非正規での就業経験のみの方
  • 直近2年間で、正社員としての勤務が1年未満の方

東京都内で29歳以下という条件があるものの、就業経験が少ないことを理解し、チャンスを与えてくれることは非常に喜ばしいことですね。

それ以外にも以下のメリットがあります。

TOKYOインターンUP to 29のメリット
  • 実習期間に応じて最大10万円のキャリア習得奨励金が支給される
  • 専任カウンセラーが就職の悩みをアドバイスしてくれる
  • 100社以上の企業から実習先を選ぶことができる

就職する際の絶対条件ではありませんが、10万円の奨励金が支給されるのは大きな魅力になりますね。また、数多くの企業が参加してくれているのが嬉しいこと間違いなし。

TOKYOインターンUP to 29の特徴

TOKYOインターンUP to 29の各種特徴を見ていきましょう。

正社員としての採用率

平成26年度から平成29年度の統計によると、就職した方の70%以上が正社員として活躍しています

この事業の参加者は就業経験がない、もしくは少ない20代ですが、それを考えると多くの人が入社後も活躍できているといえるのでは。

もちろん仕事や職場に100%満足できるわけではないと思いますが、それはどの職場でもいえること。まずは経験を積んで地道に実績を残していくことが重要です。

実習先の企業はどんなところ?

実習を受け入れてくれる企業は100社以上あることは先に書きましたが、どんな企業が受け入れてくれるのかは気になりますよね。以下のような企業が紹介されています。

受け入れ可能な企業の種類
  • IT・インターネット関連会社
  • 人材サービス会社
  • 映像機材・設備会社
  • 設備工事・メンテナンス会社
  • 編集・広告制作会社
  • 物流・貿易関連会社

IT系では現場で使えるプログラミング技法を基礎から学ぶことが可能。残念ながら企業名までは掲載されていませんが、説明会などで確認していきましょう。

どんな企業に就職できるの?

実習以降はどんな企業に就職できるのかというのも重要なポイントです。特に僕たちのようなIT系エンジニアの可能性はあるのかという点ですが、以下のような企業が紹介されています。

受け入れ可能な企業の種類

未経験OKのIT系企業

  • 職種/システムエンジニア
  • 基本給/18万円~
  • 勤務時間/9時~18時
  • 時間外勤務(月平均・実績)/10時間
  • 賞与(実績)
  • 昇給/有
  • 年間休日数123日

給料が特別多いわけではなく、新卒並みになるだろうと思いますが、未経験OKも受け入れてくれることを考慮すると非常にありがたい話ですよね。こちらの企業は残業も多くなく、年間休日も標準並みに確保されているので好印象です。

経験できる業務内容にもよりますが、一人前のエンジニアへの足がかりとなる可能性は十分にあるでしょう。

説明会の日程

TOKYOインターンUP to 29は以下の通りに説明会が開催されています。

受け入れ可能な企業の種類
  • 事業説明会・相談会 毎週金曜日か土曜日のどちらか
  • 合同企業説明会 隔週水曜日

結構な頻度で開催してくれるのは利用者側からしたら嬉しいものです。

最後に:20代ならTOKYOインターンUP to 29でまずは就職を!

TOKYOインターンUP to 29の内容をまとめてみましたが、いかがでしょうか。

僕自身は幸いにも新卒で就職し、社会人の空白期間はありません。それでも就職する2年程前までは氷河期時代の名残で就職難。2008年にはリーマンショックが発生。30歳頃には個人的に精神的に参った時期もあり、危険な時期も大いにあったわけです。

仮に僕が予期せぬ退職をしていたときはどうなっていたでしょうか? 自己責任という名のもと、再就職に苦しんでいたのは必至です。それくらい、社会が就職を支援しないと立て直しが困難でした。

でも、僕が20代の頃は支援の仕組みはほぼ無かったものの、今回のTOKYOインターンUP to 29のように現在は若者への支援が整備されてきています。

社会の手助けを得ることを恥ずかしいと思う必要はありません。就職してあなたが給料をもらい、納税すればその還元はできるのです。

しかもこの事業に参加している企業は、ちょっと訳ありな方も理解し、就職支援の意欲の高い企業です。現在就職できていないけど就職したい20代の方、この仕組みを利用しない手はありません。すぐに行動に移しましょう!

登録する方はこちらから▼

おすすめの記事