オススメ記事
福井 木許裕介

リツアンSTCでエンジニア+PRまがいのことを手がけている、オクダヒロキです。

世の中には「一流」と呼ばれる人が数多くいます。僕は中学まで野球をやっていたことから、イチローはやっぱり神様だし、96年アトランタ五輪~ジョホールバルの歓喜の流れをリアルタイムでTV観戦したこともあり、ヒデ(中田英寿)は王様でした。

(ファン心理で敬称を敢えて略しています)

そんなスポーツ大好きな人間の僕が、大学ではIT系に進んで、今では10数年もエンジニアをやってきました。年数からいえば、一流になっててもおかしくないかもしれませんが、奥が深いIT業界であり、僕自身の能力的なことからも二流が精一杯の状態です。

さて、そんな普通のエンジニアの僕ですが、少し前に一流の人とお会いする機会がありました。そう、タイトルにも書いた指揮者の木許裕介さん。しかも、これまでの僕には全く縁が無く、これからも無いと思われた福井県でというオマケ付き。

今回はそのときのことを記事にしていきます。音楽に興味のある方、エンジニアの方、そして福井に関係のある方はぜひともご覧ください。

木許裕介さんとは?

プロフィール

まずは木許裕介さんについて、プロフィールを要約していきます。

木許さんは1987年生まれで、出身は大阪府高槻市です。3歳からピアノを始め、小さい頃から音楽に親しんでいたようですね。

指揮者としての活動開始時期は正確には分かりませんでした。ただ、2010年4月7日のブログでは、6ヶ月の指揮法教程を終了したとの記事があるので、2009年の10月頃から指揮を始めたと思われます。

東京大学、東京大学大学院在学中にも精力的に活動を実施。

現在は、一般財団法人欧州日本藝術財団プリンシパル・ディレクター、宝塚ベガ・ジュニアアンサンブル常任指揮者、Serendipity Brass常任指揮者、日本ヴィラ=ロボス協会会長を務めています。

そして、2018年4月、ポルトガルで開催されたBMW国際指揮コンクール(The BMW IV International Conducting Masterclass and Competition)にて優勝。日本人初の快挙を成し遂げています。

まさに世界を舞台に活躍する一流の指揮者で、僕たちの世界からはかけ離れている方です。

公式ホームページのプロフィールはこちら

木許さんと福井県との繋がりは?

木許さんと福井県との繋がりは、「福井大学フィルハーモニー管弦楽団」にあります。大学院時代であろう2015年に、この楽団からオファーを受け、コンサートで指揮をしたことから。

こちらでは、福井県での初のリハーサルの模様を記事に書かれています。今でも少し緊張感というかドキドキ感が伝わってきます。

過去の定期演奏会の記事を確認すると、2015年から2018年まで、4年連続で指揮者を務めています。そして、2019年12月に開催される、第67回定期演奏会でも木許さんが指揮をすることが決定済み。

指揮者は日本中、いや世界中を駆け回る職業ですが、5年目に突入した福井県での活動は、人生の中で大きく情熱を注ぐ対象になった証なのでしょう。

木許さんとリツアンSTCとの繋がりは?

福井県との繋がりは分かりました。では、リツアンSTCとの繋がりは?

僕たちのような庶民的エンジニアがいるような世界と、木許さんが活動される世界は、基本的に縁の無いことで疑問に思われるかもしれません。

でも、リツアンにはあの「KOMAD」があります。

KOMADとは、真剣に学ぶ、コマバ(駒場)のノマドのためのコラーニングスペースの略で、東京大学、東京藝術大学、慶応義塾大学、早稲田大学などの研究者や学生たちが、勉強したり、議論したり、大学のゼミを開催したり、サークルのミーティングに使ったり、またBBQや誕生日会などの余暇も楽しんだりと利用方法はいろいろ。

東京オフィスを移転しました より

 

KOMADの建物自体はリツアンが借りており、東京オフィスもこの中にあります。KOMADはリツアンとは切り離されたものですが、オフィス名称が=KOMADという方が定着してます。

そして、このKOMADには、将来の日本を背負って立つであろう学生たちが、頻繁に議論をし、交流を図っています。そして、木許さんは東大出身ということであれば、自ずとKOMAD、そしてリツアンとも繋がってきているでしょう。

僕自身は学生と話したことはありませんが、KOMADで交わされる議論は、僕たち普通のエンジニアには残念ながら理解できないことばかりです。なので、リツアンは口出しをしない神聖な領域。

そんな事情もあり、リツアン社長は自らを出入り禁止に課したみたいです(笑)

リツアンSTCは頑張る人を応援する

木許さんの活動を応援する

リツアンSTCは頑張っている人が報われてほしいという思いが、とてつもなく強い会社です。頑張っているエンジニアへの還元をひたすから考える会社としては、自然な流れです。

だからKOMADを支援するし、日暮里にも何かあるみたいだし、アザレア・スポーツクラブのスポンサーにもなるなど、いろいろと支援をしている。あとは、社長の地元である掛川にもいろいろと支援をしているんじゃないかな。

で、福井に行った話に戻ってきます。今回、僕は専務の平野さんと営業の鈴木さんと共に福井に行きました。目的はというと、木許さんと飲みたいから。それ以上でもそれ以下でもない。

というのは半分本気で半分冗談ですが、木許さんがちょうど福井で仕事をしていて、元々繋がりのある平野さんに「福井で飲みましょう」と声をかけたから。そして、リツアンは木許さんの福井の活動を応援しますよということの確認。

その前から応援はしているんだけど、もうちょっと具体的に支援できるものがあればやっていきたい、ということですね。まあ、この話は専務がさくっと話して開始5分で終わりました(笑)

あとは、リツアンではエンジニア向けの研修をやっているのですが、そのアイデアをもらった感じ。僕は基本的に話を聞いて、うんうん頷いている役でした。

アカデミックな活動を応援する

前述した通り、木許さんは福井大学フィルハーモニー管弦楽団での活動を行っています。この活動を通じて、学生たちの指導を中心に、福井大学フィルの発展に様々な面から貢献されています。

コンサートの演奏プログラムにおいては、日本人作曲家の作品を積極的に取り入れるなど、個性的で独自な選曲を展開しており、全国から注目を集めるようになっています。

また、毎年コンサート当日に配られるパンフレットに木許さんが書き下ろす「演奏会序文」も好評で、この序文を楽しみにしている方もたくさんいらっしゃるとのこと。

そして、2018年のコンサートでは、 福井を代表する書家である吉川壽一先生に書を書き下ろして頂き、書と音楽のコラボレーションを実現させるに至っています。

2018年の序文はこちらへ。

数々のことを成し遂げていく木許さんですが、その内側には育成に対する並々ならぬ強い意志を感じます。勝手な想像ですが、木許さんも様々な人から指導を受けて、成長し、成功への道が開けてきたことを実感しているからなのかなと。

そして、リツアンはそういった学生の支援も行いたいということ。何のためにというと、結局はさっきと同じで頑張る人が報われてほしいから。

ただし、KOMADにもいえることですが、リツアンが支援をするからといって、その支援に対する見返りを求めてはならないというのは根底にあります。

何かしら連携して、おもしろいものを作っていくことは大歓迎ですが、支援するからリツアンに入ってほしいということは考えない。それは徹底していることです。

木許さんの人柄と行きつけのお店

木許さんに会っての率直な感想

これ、お世辞でも何でもないんですが、本当にイケメンだなと思います。顔も確かにかっこいい人なんですが、それよりも心がイケメン。

何と表現していいのか分かりませんが、とにかく慈愛に満ちているというか、リスペクトが深いというか。世界的に活躍していますが、それを鼻にかけずに気さくに話をしてもらい、人見知りの僕でも楽に話すことができました。

そして、今回話して印象的だったのは、「共犯者」になろうという話。もちろん、これは比喩であるのですが、お互いにさらけだし、秘密を共有することで、より親密度が増すよという話です。

適切な距離は人によって変わってきますが、リツアンと木許さんは距離が近い。そして、初めて会った僕に対しても、それは変わらないような気がして、僕も嬉しい気持ちになったものです。

多分、人が好きなんだろうな。何か久々に心温まった感じ。

美味しい居酒屋 幸甚

そして、今回、福井駅前の「大衆割烹 善甚」というお店で食事をしたのですが、ここが美味しすぎる。

 

ツイートした通り、僕の価値観を壊すくらいの衝撃でした。木許さんも、ギャラはここですべて使ってしまうと言ってましたが、完全に納得の味です。

ちなみに、この店は料理の値段が書いていませんが、日本酒をガンガン頼んでも、一人5,000円ちょっとくらいの程度で収まっており、コスパも高すぎる。東京だったら、10,000円は余裕で超えていましたね。

そして、かなり遅くまで付き合ってもらった後、ホテルで記念撮影。楽しい夜を過ごすことができました。

あみだそば 福の井

そして、翌日の昼は、福井の名産である越前そば。これまた木許さん行きつけである、福井駅前の商業施設にある、あみだそば 福の井に行きました!

今回食べたのは、「おろし三昧そば」と「高菜ごはん」。

そばをおろしつゆで食べたのは初めてだったんですが、これまた美味しすぎる料理でした。あまりにも美味しかったので、6食分を家に送りました。このお店、配送もやってるんですよ。千葉県まで送って5,000円くらい。

福井に行った際はぜひともお立ち寄りください!

最後に:リツアンのエンジニアの頑張りが評価されています

繰り返しになりますが、リツアンは頑張る人を純粋に応援します。自社のエンジニア、学生、学生を育成する人。数多くの人を支援していきます。

そして、それは僕たちエンジニアが支援をしているということに変わりありません。なぜなら、リツアンの活動資金はエンジニアが働いて得たものだから。

この事実をエンジニアがどう捉えるべきかは難しいところです。賛成派もいるだろうし、反対派もいるかもしれない。人によっては、もっと自分に還元してくれと考えるかもしれません。

その考えも理解はできます。

ただ、僕が言えることは、リツアンの支援があるからこそ僕は木許さんと繋がりができたし、今リツアンがうまくいって評価されてきているのは、この精神があるからなんじゃないかなということ。

つまりはリツアンのエンジニアの頑張りが評価されているんじゃないかと。

それを僕自身が数字で根拠を示すことはできませんが、頑張る人を支援するその姿勢も認められているんじゃないかと思うところ。そう信じて、僕たちは僕たちができる価値を提供していきましょう。

イケてる派遣会社「リツアンSTC」
  • エンジニアはいつも仕事が忙しい
  • エンジニアは収入が増えない
  • エンジニアは会社には逆らえない

この考え方は誤っています。エンジニアの給料が低いのは、エンジニアのせいではありません。会社がお金を取りすぎてエンジニアに回ってきていないだけです。

リツアンSTCは、「客先単価×68%」の給料を実現。エンジニアファーストをモットーとし、どこよりも高還元を。収入に悩んでいるエンジニアはぜひご覧ください。

おすすめの記事